Image

【BABYMETAL】TOKYO DOME BLACK NIGHT【前編】地鳴りのような歓声のなか・・

初日のRED NIGHT に続いて、2日目、BLACK NIGHTの模様を。


Pocket

Image

止まない雨

昨日とは違って今日は何だか気だるい。体調がイマイチだ。まあ、もうすっかり秋なのに、昨日行き帰りで1時間以上も雨に打たれれば、流石に風邪ぐらいひくわな。。


平日ということもあり、今日は昨日より1時間遅い19時が開演時間。会社も有給で休みをとったし、家を出るまでは十分に時間がある。昼間は何をして過ごそうか。色々できそうだ。


そんな思惑とは裏腹に、昨日のRED NIGHTの余韻と言うか、もやもやが当然のように頭の中を支配している。制作はおろか、何も手に付かない付かない。


と言う訳で、取り合えず世間の反応を見ようとアンテナサイトや2chなどをチェック。想像通りRED NIGHTは賛否両論のようだ。やや否が多めの。まあそうだろうな。。


ものは考えようとは言うけど、自分だって、悪い方に考えれば、色々思うところはある。先ず天気が最悪。入場時間に入れない上に混み過ぎ。特に特典らしきものなし(あると匂わせておいて)。初っ端から3姫が見えない。音悪い。曲数少なく時間短い。など。


あと、肝心のパフォーマンスも、及第点は取れていたが、飛び抜けているという程ではなかった。


自分は今日も行くから、初日は前半戦くらいの気持ちでありダメージは少ない。ただ、初日だけで良いかなと考えたライトなファンや、何らかの事情で初日しか行けなかったコアなファンの気持ちを想うと、それはもう、本当にいたたまれない。


などと、なんやかんやWeb見てたり昨日のことを振り返ったり、今夜のことを考えていたら、かなりの時間が潰れてしまった・・・。




さて、幸い今日は自転車で行くか電車か迷うことがない位に雨脚が強い。台風も近付いて来ている。勿論自転車、いやいや、電車だ。電車でゴーだ。


電車に乗るのは久しぶりだ。今日もベビメタTを着て東京メトロの最寄駅から出発。中野坂上で乗り換えると、早くもベビメタTの人を発見。見て見ぬ振りをする。四谷で南北線に乗り換えて後楽園へ到着。流石に辺りはベビメタTだらけだ。


開場の時間は過ぎているが、ドームへ向かう人に逆らうように反対方向へ。東京ドームからやや離れたところにあるココイチで今日もビーフカレーを食す。


店を出ると、止まない雨は増々その勢いを増している模様。水溜りをよけながら、歩いて東京ドームへと向かう。


昨日の教訓を活かし、開演1時間前くらいまでは適当に時間を潰す。入場の列が落ち着いてきた頃にゆっくりとゲートから中へ。今日も入り口で柄入りの透明コルセットを受け取り、足早に奥へと向かう。受け取った座席券にはB31ブロックと記されている。


今日もアリーナには間違いないが、座席表を確認すると、なんとBブロック最後尾のブロック。ステージからは一番遠い。しかも、花道と花道の丁度間で、どちらにもかなり遠い感じ。あぁぁ、外したぁ~・・・。そんな心境だ。運がなかったのだから仕方がないが、兎に角少しでも良い席をと願っていたので大きく落ち込んだ。


気を取り直して座席に向かうと、両サイドには既に人が。左が中肉中背の若い女性で、右側がハゲのオジサン。今日も両側に人が居る。開演まで30分以上ある。傘だけを座席の下に置いて、会場内をぶらつくことに。


ふむふむ、平日にもかかわらず、今日も見事に席が埋まっている。このグランドから見るスタンドの景色は中々絶景で、ずっと見ていても飽きない。この皆がBABYMETALを見に来ていて、今か今かと開演を待ち望んでいるのだ。スーツ姿のサラリーマンもいる。会社帰りに慌てて駆け込んで来たのか息がかなり上がっているが、目はキラキラと輝いていた。


昨日と同じように骨が観客を煽る中、結局ステージの周りを5週くらいはしてしまった。それにしても、正面ステージであるCブロックの中央前方と比べて、B31ブロックの何と恵まれないことか。神も仏もあったもんじゃない。自分があのCブロックの場所だったら狂喜乱舞していただろうなと、ついつい悲しい妄想をしてしまう。ただ、運が悪かったんだ、今回は。しつこい位にそう自分に言い聞かせて、気持ちを落ち着かせる。。


実は、ぶらついていたのは、席が狭くて座っているのが辛いのと、隣の人とお喋りして時間を過ごせそうにないこと以外に、もう一つ理由があった。


今回のステージは完全に東京ドームの控室などから切り離されている。そのため、直前にベビメタの3人が、黒いボックスでステージ下に搬入されるようなのだ。昨日の搬入の様子の写真をtwitterで見かけて、今日タイミングが合えば見られるかも!と考えていたのだ。


ただ、何周か歩いて回ったけどそれらしい光景には出会えなかった。残念。。



定時前に席に戻り、そのまま待機。何分か過ぎたところで暗転。さあいよいよBLACK NIGHTのスタートだ!





安定のDEATHスタート!

冒頭で昨日と同じようにKOBAMETALから諸々の説明がなされる。アリーナの周囲の人たちは殆どが昨日も来ていると思われ、昨日も聞いたぜ~的な、かったるい空気が流れる。そのあとお馴染みのナレーターによる紙芝居が続き、いよいよライブのスタートだ。


BABYMETAL DEATH

イントロのドラムとギターに合わせて嵐のような歓声。今日の観客は元気が良い。


天空ステージにはウェンブリーの時と同様のKARATEのPVに出てくるダミー人形が。いや、もう誰も騙されないって・・w 案の定誰も反応してない。あの後誰かがあの人形を片付けたかと思うと、結構シュールw 


と、本人たちはそれぞれの花道の先端に十字架に括られて登場。


3人を目の当たりにした観客の歓声は早くもMAX。悲鳴交じりのカオス状態に。「B!」「A!」のいつものコールもキレと反響がもの凄い。



ドームは音楽やるところじゃないと言われているが、ドームならではの音ってのがあるんだなと実感、特にオーディエンスの声援。5万5千が叫ぶと物凄いことになる。


今日の衣装は赤×黒。いつものBABYMETALだ。いつものと言っても、それはドーム仕様の新衣装。ゴージャスだ。何よりもスカートが赤に戻ったのが嬉しい。赤いスカートの上に、うっすらとラメ入りの黒い生地が乗っており、深みとゴージャス感を与えている。


そしてSU-METALの衣装がまた秀逸。両肩に真っ赤なフェザーが盛られており、後ろは尻尾付き。尻尾と言うとダサく聞こえるが、立体感があって超格好良い尻尾だ。やばい、格好良すぎ!


あわだまフィーバー

BMDでDEATH・DEATH盛り上がった次は、デジタルポップなこのナンバー。曲もダンスもかなり良いのだが、イマイチ一皮剥けない印象があるこの曲。でも、SU-METALの煽りは可愛い。


2015年1月の新春キツネ祭りのあわだまフィーバーを超える日はいつか来るのかな?


さて、ここにきて重大なことに気づいた。この席、音が良い!席が良いのか、昨日と何かセッティングが変わっているのかは不明だが、兎に角良い。音に大きな不満がないのはライブに集中するために必須であり、その点は大満足だ。


あと、席はアリーナの最後方だが、スクリーンが見やすく、前のアリーナの客が見渡せるため、盛り上がり具合が分かるし乗りやすい。なんだ、結構良い席な気がしてきた。3人のことは殆ど見えないけどね。


ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト

BABYMETALのライブにおける影の代表曲。曲もダンスも秀逸だが、何と言っても合いの手が最高。東京ドームにこだまする史上最高の「キンキラリ~ン!」頂きました!


きゃわいいブリッ子モードのSU-METAL。何か今日はいつも以上にSU-METALの存在感が凄くて、YUIMOAが少し霞んでる、今のところ。


この曲で会場の雰囲気が更にもう一段階上がった。


META!メタ太郎

この曲のYUIMOAの振り付けが好きだ。あと、みんな意外と「M」「E」「T」「A」のところ言わないんだね。。


会場のウォ~ウォ~が凄かった!本当に凄かった! SU-METALが促す前からみんな声出てたよね。


この曲は今回で一皮剥けた感あり。今後大きく育っていきそうで楽しみです。


Sis. Anger

凝った英語の紙芝居が流れ、「A-KIBA」「Burn」「Anger」などのキーワードで大よそ次曲の察しが付き、盛り上がる観客。火炎の演出が物凄かった。炎とAnger。うん、確かに相性抜群だわ。


YUIMOAの声は、SU-METALと比べるとさすがに通らないので、煽りがない曲は広い会場では若干盛り上がりに欠けるのは確か。可愛いから良いけどね。YUIMETALは今日も100点!





ここで神バンドソロ


一人目は藤岡氏が・・。と、じゃなかった! 背が高いぞ!Ledaだ!。藤岡氏は今日休みかよ!今気づいた!


そう、この段階までそんな重要なことにも全く気付かないくらい東京ドームは広く、ここからステージまでは遠いのだ。


神バンドは今日も安定感抜群に3姫を盛り立ててくれています。で、なんだかんだでBOH氏に一番大きな歓声が。ベースの低音が相変わらず心地良い。


大盛り上がりの中神ソロが終わると、静かなピアノの伴奏が響き、会場が束の間の静けさに包まれる。聞いたことがあるよう、ないような思わせぶりなピアノに静かにざわつく開場。いや、もうみんなほぼ確信してる。くるか、くるのか。遂に来るのか!


ここまでの流れは最高。何か特別な事が起こる予感が・・・。


To be continued(後編に続く)



Pocket

関連する記事 - Related Post

babymetal-tokyo-dome-black-night00

【BABYMETAL】TOKYO DOME BLACK NIGHT【後編】そして伝説へ・・・

1st強し 紅月 -アカツキ- ピアノのイントロでそれと分かると観客から待ってましたと言わんばかりの歓声が上がる。が、クイーンの歌声を聴くために直ぐに静かに。 「紅...…
続きを読む
babymetal-tokyo-dome-red-night00

【BABYMETAL】TOKYO DOME RED NIGHT【前編】3人の姿が見えない・・・

ついにこの日が 9月19日、月曜日。朝の9時ごろ起床。何だか今日はすこぶる体調が良い。こんな日は滅多にない。天気予報は曇りのち雨。 東京ドーム公演の告知があったのが去年の末で、公...…
続きを読む
babymetal-white-mass-00

狂気の白ミサ【BABYMETAL】

  二の足を踏む 前にBABYMETALを生で見たのは今年4月の新木場Studio Coast。5月から海外ツアーと沢山のフェス出演が決まっていたため、次は東京ドームだと思っていた。が、ドームよ...…
続きを読む
bm201604

BABYMETALという奇跡

    馴れ初め AndroidのCMに出てたのをテレビで見たのが最初の出会い。それは間違いない。はっきりと覚えている。時期ははっきりしないけど、多分1年か1年半くらい前。足を大きく上げるキャッチーなダ...…
続きを読む
babymetal-02

BABYMETALという奇跡②

ウェンブリーLV そんなBABYMETALを一目見てみたいと思うのは当然の流れ。だが、昨年末の横浜アリーナ2daysは全くチケットが取れず。勿論、すでに決まっていたロンドンのウェンブリーアリーナは行け...…
続きを読む
babymetal-03

BABYMETALという奇跡③

  BABYMETALライブ曲ベスト10 超個人的なもの。ライブ映像の質はカメラワークの良し悪しに大きく左右されるので、あくまで映像として見た時の感想。あしからず。 10位 No Rain, No...…
続きを読む

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。