Image

【BABYMETAL】TOKYO DOME LIVE VIEWING – これで一区切り

BABYMETAL東京ドーム公演LVの感想などを。


Pocket

Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO800, Photo by eto

Zepp Divercity Tokyo

先日のRED NIGHT & BLACK NIGHTの余韻も醒めきらぬまま、何とか一区切りしたいという思いもあり、ふらふらとLVへ。場所はお台場のZepp Divercity Tokyo。


お台場という事でついでにラプラスでも狩れたら良いなと思いつつ、今回も愛車でGO。家からだとゆっくり行けば片道1.5hくらいなので、往復3h。ライブもREDとBLACKで合わせて3h。台風も直撃は免れたようだし、なかなか楽しい夜になりそうな予感がする。


家を出てから途中で日比谷公園に寄って、お台場に着いたのは開演の1時間前。流石にLVなので殆ど並ばずに入場。中も、柵前以外は余裕があるようだった。LVでもみんなベビメタTを着ていて、中にはフルでコスプレしている人やコープスペイントの人も何人かいた。みんな頑張るな~っと妙に感心してしまう。


LVと言えば、WEMBLEYの時はZepp Tokyoの最前付近で超音が悪くてがっかりだったので、今回はその教訓を活かし、ややスクリーンから離れた中央に陣取る。定刻通り19時半にスタート。


Zepp Tokyoは何度か行ったが、Divercityの方は初めてだった。音の感じは同じZeppということで同じ感じ。全く良くはない。何よりSU-METALの声が全く響いてこないのは痛い。痛過ぎる。家のパソコンで、DENONのアンプを通してELACのスピーカー越しに聞くSU-METALの歌声は圧巻の一言なのに、何でこうなっちゃうのだろうか。。ドームの音の方がまだマシだった。一体なぜ。。。


それでも、Amoreのアカペラに近いところなんかはそんなに悪く聞こえないので、広い場所で大音量で楽器の音と同時に歌声を良い感じで聞かせるのはそもそも無理なんじゃないか、と、とりあえず素人判断をしておこう。


生のライブやLVで、自宅以上の音でSU-METALの歌声が聞けたら号泣するが自信あるだけに、残念を通り越して不思議でたまらない。


と言うのも実は、実際のライブの直後から音雲に当日のライブ音声のブートレグ上がっており、それを事前に聴き込んでいたのだ。それは、何でどう録音してどう加工したのか、ドーム特有の音響や観客の声援も含めてその場も空気感が伝わってくるような素晴らしい出来栄えなのだ。それはもう、SU-METALが4年かけて、あの豊洲のステージを上回るような歌声を披露したのを十分に実感できるくらいに。それだけに一層、今回のLVでは音の悪さが際立っていて残念だった。


それでも映像の方は素晴らしくて、ベビメタ史上最高クラスに仕上がってるのは間違いのないところ。事前にYouTubeで何か一曲PVにして出した上でBD/DVD売り出したら、バカ売れするだろうと思う、世界的に。


カメラは、最高のタレントがあの縦横に広大な空間で満員のオーディエンスを支配する様を見事に捉えている。そしてまた360度の巨大スクリーンがカメラに映っていてそれがまたスクリーンに映るから何とも陶酔的な映像が出来上がっていて、それに加えてパイロがまた凄くて・・欲を言えば、天空ステージにカメラがないようで、上にいるときは遠くから撮った絵が多かったのが気になったが、まあ些細な事だ。


そんなだから、まさかとは思うけど、発売されるBDで音が悪かったり不要な音修正が入っていたら、卒倒する自信がある。BDには、優等生的なのじゃなくてSU-METALの荒ぶり様も含めて現場の生々しさを、熱を、そのまま盛り込んでほしいと、切に願っている。

image



さて、肝心の内容について。


先ず、いきなりRED NIGHTオープニングのRoRが圧巻。観客のパニックぶりも相まって歓声と混乱の入り混じったカオスな状態の中、天空ステージで涼しい顔の三人が最高に格好良い。自分もライブの現場では冷静さを欠いていて何が起きているのか把握できなかった感があるけれど、こうして改めて全体像を見ると壮観の一言。いきなり凄いもんを見せられ、圧倒されてしまう。


ライブで初めて見たシンコペーションもテイルズも、振り付けが良い。斬新さはないけど、細かい動きが多くて好き。YUIMETALは、一見ダンサーっぽくない。色白だし運動しなさそう。その姿が、ギャップが堪らない。


そもそも、ドームでのYUIMETALはキラキラし過ぎている。今回も源氏蛍のように発光していた。KARATEとTHE ONEで感極まって涙ぐむような、今までにないような表情をしてたのが忘れらない。泣いてたようにも見えたけど、そもそも汗だくだったから汗か涙かはわからない。パイロの熱もあったし、ステージ上は相当暑かったようだ。


YUIMETALは良い意味での場違い感、ギャップがヤバい。YUIMETALがメタルっぽくない感が増せば増すほど、二次曲線的にBABYMETALの魅力は上がると思う。


Tales of The DestiniesでのSU-METALの声裏返りは完全に修正されていた。良いような悪いような。。流石にあれだけ豪快にひっくり返るとそれが表情にも出る訳で、映像作品としてそこの整合性を考えると、直さない方が良いと個人的には思う。実際にひっくり返った後苦笑いしてたような気がするしね。あと、ピアノパートでドッと歓声が上がったのはLVも同様。あそこは、YUIMETALだけが異常に可愛いので、ほぼ全員そこがツボなんだと思う。


SU-METALは、BLACK NIGHTは伝説級に凄かったが、こうして改めてLVで見ると、RED NIGHTも全然悪くなかった。観客のノリは初日だけにイマイチだったかもしれないけれど。


image



BLACK NIGHTはオープニングのBMDが史上最強の格好良さだった。振りもバージョンアップしていた。


初日と比べても、3人のパフォーマンスにそれほどの差はない。ただ、オーディエンスは違っていた気がする。。


REDとBLACKは殆ど同じ観客と言っても良いくらい、かなり被っていたと思う。特にアリーナは。そのオーディエンスが、初日は様子見なところもあったけれど、2日目になってもうドームの要領は分かったと言わんばかりに、1日目の鬱憤を晴らすかの如く、BMDのオープニングから悔いを残さないように開き直ってグイグイいったってのが、BLACK NIGHTが異常に盛り上がって、それに応えるかのようにSU-METALが神懸ってた真相だと思う。正に相乗効果。


あと、当日は完全に見逃していたが、Sis.Angerの最初のYUIMOAキメポーズが最高。ツインテを横に引っ張って鬼の形相でドーン!!


ヘドバンギャでのヘドバン煽りでは、観客の映像が殆ど映らなかった。ライブ当日はスクリーンに映しまくってたけど、あれは会場を盛り上げるための演出だったようだ。重音部タオルのオッサンも、スクリーンの中のスクリーンに写ってるのが分かる程度。


実際のライブ直後からかなり話題になっていた例のSU-METALのズッコケシーンは引きの絵でごまかされていた。LEDAのズッコケシーンも引きの絵、かつギリカット。いつかプロショットで見られる日は来るのだろうか。


LVでは、自分は基本的にスクリーンを半地蔵で食い入るように見ていたけれど、LV会場のオーディエンスは、みんな超声出てた。まあ、ドームの声かLV会場の声か分からんちゃ分からんけど、多分超声出てた。モッシュ、WODも局所的に起きてた。自分が騒ぎたい人の邪魔になってなかったかな?って心配するくらいに。




今回強く思ったのは、SU-METALはデカい会場でやらなきゃ駄目だなってこと。いや、彼女自身の気持ちを高ぶらせるようなシチュエーションを用意できれば良いのだけれど、小さな会場だと中々難しいでしょう。だから小箱ではあんまり本領は発揮できないと思う。


彼女のパフォーマンスはその心境が大きく影響するようなのだ。会場の規模やオーディエンスの声援など、彼女の中の何かを揺さぶるようなスペシャルなものがないと、なかなか覚醒しないのではないか。YUIMETALとMOAMETALの二人にも同じようなことは言えるが、SU-METALはその傾向が顕著だ。


たまに強制白塗りのライブがあるのも、そういった意図もあったかもしれない。3人に如何に退屈させないようにするか、如何に3人の気持ちを盛り上げていくかといった意図が。神バンドは男だし大人だからあまり関係なさそう。でも3人はまだ10代の女の子だし、そこが大事だと思う。YUIMETALが、初めてアリーナクラスでワンマンをやったSSAの時は妙にテンションが高く、その心情が溢れ出るようなノリノリでキレッキレのダンスを披露してくれたが、それを思い出した。




これから

途中休憩もなくぶっ続けの3時間だった。ライブ中は全く疲れはなかったが、終わった途端に疲労感が凄い。。まあ、待ち時間も入れれば4時間近く立ちっ放しで神経を集中してた訳で、無理もない。


ガンダムを撮る気力くらいは残っていたが、とてもじゃながラプラスどころじゃなかった。そう、この台風で強風の中をこれから1.5h掛けてチャリで帰るのだ。横風を受けながら。


image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO2000, Photo by eto


image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/2.0, ISO640, Photo by eto


image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/2.0, ISO1000, Photo by eto





これでもう当分、自分が参加できるような大きなイベントはない。そもそも、ほぼ一切何も発表されていないのだ。年末にレッチリのツアーにゲストで出るけれど、それは海の向こうの話だし。BABYMETALがそれなりにライブをこなすようになって、今まで一度も、国内のライブ予定がゼロってのはなかったのじゃないかと思う。嵐の前の静けさ?


まあでも、アニメ化の話や年末にある様々なイベントとの絡み、グラミーにノミネートされるかもしれないことを考えると、立てたくてもスケジュールが立て辛い状況なんだろうな、という勝手な想像はつく。


チームBABYMETALもきっと久々にゆっくりできる事だろうし、こっちも一区切り付いた!?ので、暫くBABYMETALからは距離を少しだけ置きたいと思ってる。ほんの少しだけ。。でないと私生活への侵食具合が日に日に・・・。


SEE YOU!



Pocket

関連する記事 - Related Post

【BABYMETAL】TOKYO DOME RED NIGHT【前編】3人の姿が見えない・・・

ついにこの日が 9月19日、月曜日。朝の9時ごろ起床。何だか今日はすこぶる体調が良い。こんな日は滅多にない。天気予報は曇りのち雨。 東京ドーム公演の告知があったのが去年の末で、公...…
続きを読む

【BABYMETAL】TOKYO DOME RED NIGHT【後編】5万5千の光

金色のBABYMETAL Road of Resistance ライブがスタートしての一曲目、Road of Resistance。まさかの天空ステージでのスタートに度肝を抜かれつつ、ま...…
続きを読む

【BABYMETAL】TOKYO DOME BLACK NIGHT【前編】地鳴りのような歓声のなか・・

止まない雨 昨日とは違って今日は何だか気だるい。体調がイマイチだ。まあ、もうすっかり秋なのに、昨日行き帰りで1時間以上も雨に打たれれば、流石に風邪ぐらいひくわな。。 平日ということもあり、今...…
続きを読む

【BABYMETAL】TOKYO DOME BLACK NIGHT【後編】そして伝説へ・・・

1st強し 紅月 -アカツキ- ピアノのイントロでそれと分かると観客から待ってましたと言わんばかりの歓声が上がる。が、クイーンの歌声を聴くために直ぐに静かに。 「紅...…
続きを読む

【BABYMETAL】2016ワールドツアー・ファンカムベスト10

2016 World Tour Fancam Best 10 10位 Rock in Japan 2016 Periscope 炎天下の下のBABYMETALも良いですね。 「みんな...…
続きを読む

 4 件のコメント

  1. 名前:e-metal : 投稿日:2016/10/20(木) 19:29:58 ID:ExNjM1MDQ
    >YUIMETALがメタルっぽくない感が増せば増すほど、二次曲線的にBABYMETALの魅力は上がると思う。
    自分が何故YUIMETALに惹かれるのか、答えを教えて貰った気がします。ファン目線なのにフラットな感想が新鮮です。
  2. 名前:eto : 投稿日:2016/10/20(木) 20:14:49 ID:M5ODg3NjM

    そう言って頂けると何よりです! YUIMETALの魅力を何とか言語化してみましたが、まだまだその数分の一も表現できていない気がしています。。

  3. 名前:ノナ : 投稿日:2016/10/21(金) 22:21:10 ID:Q3MDA1MjA

    はじめまして。

    使徒さんの記事から参りました。

    貴殿とはなにかと共通点があり思わずコメントを書かせていただく次第です。

    自分も数年前まで方南町に住んでおり、またお台場白ミサ参戦、ドームでは初日D、2日目Bブロック、初日は阿佐ヶ谷神明宮参拝もしています。

    どこにでも自転車で行くのもラーメン好きも同じです。

    10年以上の杉並住まいから仕事の都合で今年から北関東住まいになり、ライブは遠征になりますが今後も大箱は行くつもりです。

    エントリー内容はどれも深い考察がなされていて興味深い。同感、同意、わかってるなぁ、と頷くこと多し。

    また気が向いた際には更新してください。

    お身体を大切に。

    お互い日々うまいことやっつけて行きましょう。

    ではまた。

  4. 名前:eto : 投稿日:2016/10/22(土) 04:54:18 ID:E1MDcxOTM

    なんと!そうでしたかー!

    お会いしたことももないのに、なんでしょう・・・、この湧き上がる親近感が凄いです!


    方南町は特に何もない街ですけど、嫌いじゃないです。

    後は桂家さえ復活してくれれば。。。


    多分現場ですれ違ったりはしてるでしょうね~!

    少しでも想いを共有できてうれしい限りです!

    これから共にベビメタロス期間を乗り越えていきましょう・・・♪

 Comment

メールアドレスが公開されることはありません。