Image

【BABYMETAL】TOKYO DOME RED NIGHT【前編】3人の姿が見えない・・・

ついに来ましたBABYMETALの東京ドーム2days!


先ずは初日のRED NIGHTから!

Pocket

Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO2000, Photo by eto

ついにこの日が

9月19日、月曜日。朝の9時ごろ起床。何だか今日はすこぶる体調が良い。こんな日は滅多にない。天気予報は曇りのち雨。


東京ドーム公演の告知があったのが去年の末で、公演日の発表とチケットの申し込みが4月1日。随分と先の話だと思ってたが、とうとうこの日がやってきた。


BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND - METAL RESISTANCE - RED NIGHT & BLACK NIGHT


当初は1日のみの予定だったが6月に翌日の追加公演が発表され、RED NIGHTとBLACK NIGHTの2daysに。今年は初ベビメタの新木場OTFGKZeppの白ミサに参戦しているが、東京ドームは文字通り桁違い。なんせ5万5千だ。去年のツアーファイナルがあった横アリと比べても3倍強ある。


もう数か月前から、この日に照準を当てて仕事もプライベートもこなしてきた感さえある。どんなライブになったとしても、この2daysの前後で自分を取り巻く環境は大きく変わるだろう。そんな根拠のない予感めいたものさえするビッグイベンツだ。






阿佐ヶ谷神明宮

ライブは18時からなので、午前中は例のランプを制作して過ごす。しかし心ここに在らずといった感じであまり捗らない上に凡ミスを連発・・・。このランプ、今月中に仕上げなきゃいけないのだけれど、、先が思いやられる。


気を取り直し、午後からロードバイクを15分ほど走らせて阿佐ヶ谷にある阿佐ヶ谷神明宮へ。まだなんとか空は持ちこたえている。

image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO125, Photo by eto


ここは、知る人ぞ知る!?あのメギツネのPVに使われた神社で、BABYMETALの聖地的な場所でもある。加えて、当日はBABYMETALの3人のサイン入り色紙の展示があることがアナウンスされており、結構な数の人が訪れていた。殆どの人がベビメタTを着ており、ここに立ち寄ってからドームへの向かうのであろうことが窺い知れる。


image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO320, Photo by eto

BABYMETALの東京ドーム公演祈願の絵馬が泣ける。


image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO320, Photo by eto

はいきました、ゆいちゃんまじゆいちゃん。


image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO200, Photo by eto


image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO1000, Photo by eto


image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO1600, Photo by eto


image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO1000, Photo by eto


image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO400, Photo by eto


image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO800, Photo by eto


image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO500, Photo by eto


都会の神社だからもっと狭くてショボいと思っていたが、想像よりずっと広くて素敵な神社だった。厄除けの神社とのことなので、また今度厄払いにでも来てみようと思う。


神社からの帰り道で雨が降り出した。まだ小雨だが、予報では徐々に強くなるとのことだった。とりあえず帰宅。





いざドームへ

さあいよいよ。雨は強くなってきているが、15時過ぎに自宅から無理矢理ロードバイクで現地に向かう。前からチャリで行くのは決めていたのでここだけはちょっと譲れないところ。良く言えば様式美。実際は意味のないこだわり。更に途中でココイチに寄ってビーフカレーを食べるところまではお決まりのパターン。1時間弱で現地に到着。すっかりびしょ濡れだが、妙なテンションなので大して気にならない。


そう言えば今日は、ちょっとした記念すべき日でもある。初めてベビメタTを着たのだ。ベビメタTは、そもそも最近手に入れたため以前は持っていなかったこともあり、今までのライブには来て行くことがなかった。正直に言うと、デザインがダサいのが多いので来て行く気にもなれないし、それ以前に欲しいとも思わなかった。加えて、エアコンが苦手で夏も長袖のことが多く、半袖のシャツを着ないこともあったし、更にそれ以前に半袖のシャツというもの事体が好きではなかった。ただ、ライブに行くと9割五分はベビメタTな訳で、ずっと前から、なんで皆着ていくのか意味が分からなくて不思議に思っていたのだ。・・・ただまあ、何となく今日は自分も着ていくことにした。


ちなみに白ミサTとTHE ONEの特典で買ったドームTが5枚の計6枚を今は持っていて、今日チョイスしたのはドームTの白黒で真ん中に小さく「ひとつ」って書いてある奴だ。サイズはSを買ったのだが若干大きい。。今日は肌寒いので黒のロンTの上に重ね着だ。まあ、それが早速ズブ濡れになってしまった訳だけれど・・・。


ずっと前に隣駅の飯田橋にある会社で5年くらい働いていたことがあり、東京ドームがあるここ水道橋はなじみの場所、見慣れた光景とも言える。ただ、良く考えると一度も中に入ったことはなかった。お金払って野球観戦するほどでもないし、ドームでライブをするようなクラスの他のアーティストを見に行きたいと思ったことも、今まで一度もない。





ドーム前の適当な場所に愛車を止め、WINSの前を通ってドーム前へ。


会場の周りは溢れんばかりのメイトの方々でごった返しておりおり、否が応にも気持ちが高まる。

image

SONY DSC-RX1R , 1/200, f/5.6, ISO100, -2EV, Photo by eto


image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO125, -2EV, Photo by eto


とりあえず傘をさして良く分からないままドーム正面へフラフラと向かったが、チケットに記された25番ゲートはほぼ反対側と判明。無数にいる他の方々の容姿を眺めながら歩いてそこへ向かう。


時間的にはもう開場の時は過ぎていたが、まだ中には入れないようだ。指定席なのだから急ぐこともないと思うが、ゲート前には長蛇の列が。雨脚が強まってきていることもあり、一旦はゲート前を後にして、タバコが吸える場所を探すことに。


しかし、開演が近付いていることもあり人は増えるばかりで、ドームの敷地内を歩いて反対側の喫煙所があるであろう場所に戻ることは叶わなくなっていた。仕方なく道路へ降り、かなり遠回りしてWINSの辺りへ戻ってきた。


ここには豊富に喫煙所がある。WINSの客も勿論いるが、多くはベビメタTを着たメイト達。ちょっとしたカオスな空間になっていた。。


30分ほど適当に時間を潰してから、また反対側の25番ゲートへ。流石に1時間前ともなれば開場しているようで、列の最後尾に並ぶと20分ほどで荷物検査と顔認証を終えて中へ入ることができた。


チケットを見せて座席券をもらうと、そのあと何やら怪しい透明に赤い柄の入ったコルセットを渡された。はいはい~、これが例の、チケット購入時の補足に書いてあったキツネ様のご加護(特典)ってことね・・。う~ん、微妙w でもまあいいか・・。


さてさて、会場の中はどうなっているのか。足早に中へと向かう。こういったライブ前の何でもない過程がまた楽しい。座席券にはD8ブロックとある。どやら予想通りアリーナ席(グラウンドレベル)のようだ。通路を通って階段を下りて進んでいくと、遂に会場の全貌が姿を現す。





間もなく開演

会場の様子。誰かのtwitterより。

ドームは、広いと言うか何と言うか、距離感が良く分からんっすw とりあえず、内野席の上の方とかは遥か彼方に見える。そしてステージは中央に円形で設置されており、そこから三方向に細長い棺桶型の花道が伸びていた。更に中央のステージの上には大きな円柱状のモニタらしきものがそびえ立っていた。


座席はABCDの4ブロックに分かれており、更にそれぞれ1~30くらいの番号で分けられていた。若い番号が前方の良席だ。肝心のD8ブロックは、丁度花道の横で、なかなか良さげな席だった。


席はどこにでもあるパイプ椅子。それが横の人と連結されていた。椅子は小さく結構狭い。普通に座ると、どっちかの人の体に触れてしまうくらいだ。遅めに入ったので横には人がいたが、このまま開演まで座って過ごすのはいろんな意味で耐えられないので、傘だけを椅子の下に置いて会場内をぶらつくことに。


アリーナ席は全て自分と同じTHE ONE SEAT(割高の特別シート)のようだ。この席のチケットは1人1枚のみ購入可能なため、隣同士は皆が皆知らない人という状態。流石は日本人、殆どの人が無言で開演の時を待つ。まあ今の時代、スマホがあるのでそこまで気まずいこともないし、時間を潰すのは楽だ。


でも中には、早速お隣さんと仲良くなってベビメタ談義を繰り広げているような人もちらほらいる。正直、自分も話したい方なのだが、今回はそんな感じにはならなかった。端の席ならば、片方にしか人が居ないのでまだ良いが、殆どの席は両側に人が居る訳で、何だか片方にだけは話し掛け辛い。んなことを考えているのは自分だけか。。


あとはまあ、99%くらいの人は大丈夫なハズなのだが、残り1%位は話し掛けたことを後悔するような人の可能性もある訳で、この大事な一世一代のベビメタドーム公演初日開演直前に何かを乱されることは避けたい!などいう考えもすこしだけ頭を過る。ちなみに、両隣の席共に、20代位の若くていかついにーちゃんだった。


席を離れて暫くぶらついていると、局所的に大きな歓声が。どうやら骨(全身骨柄タイツのBABYMETAL運営フタッフ)がベビメタフラッグを持って客を煽っている模様。否が応にもドーム内に熱気が籠っていくのを感じることが出来る。


そして、見渡す限り、人・人・人。凄い人の数。SOLDOUTしたのは知っていたけれど、実際にマジでぎっしり入っているのを見ると、いろんな感情が渦巻く。て言うか、これ、スタンドぎっしり+アリーナぎっしりだから5万5千以上入ってる気がするのだが・・。


そうこうしている間に開演の時間が間近に。大人しく着席して、窮屈な格好でその時を待つ。・・・うーん、中々始まらない。まあ良くあることなので特に驚かないが、どうせ始まったら皆立つんだから、どうせなら立って待ちたい!と、20分ほど遅れて暗転。ついにライブが始まる!


先ずは狐様の下僕であるKOBAMETALからの説明が。そこで、


・BABYMETALの2枚のアルバムの曲全てを2日間にわたって全て奏でる。

・一度奏でた調べは二度と奏でられない。

・MC、アンコールなし


が告げられる。お~ガチンコで来たな~素晴らしい。早くもチームBABYMETALの信念と言うか魂を感じられてテンションが上がる。


そしてシン・ゴジラをパロった紙芝居をはさんで、法螺貝の音が・・・そう、一曲目は、Road of Resistance!


今回のセットはステージが円形でだだっ広く、中央に柱と神バンドが居るため、死角が非常に多い。それはもう、ステージ上のどこに3人が現われても直ぐに見つけることはできないくらいに。


案の定、中央のスクリーンには3人の姿が映っているものの、何処に現われたのかが全く分からず、パニクる。マジか~今日はこんな感じか~と思いつつ、スクリーンを見ていると、そこには引きの絵になった3人の姿が!!


なんと、中央の円柱形巨大スクリーンの上の上が更に舞台になっており、そこに現われているー!


しかも、アリーナのこの位置からは死角になって全くその姿が見えない!1曲目からしてスクリーンのみで鑑賞。アリーナ席なのに実物が見られず、という、何ともエキサイティングな演出で1曲目がスタートしたのであった。。


To be continued(長くなりそうな予感がしたので、続き は明日くらいには・・・)



Pocket

関連する記事 - Related Post

狂気の白ミサ【BABYMETAL】

  二の足を踏む 前にBABYMETALを生で見たのは今年4月の新木場Studio Coast。5月から海外ツアーと沢山のフェス出演が決まっていたため、次は東京ドームだと思っていた。が、ドームよ...…
続きを読む

BABYMETALという奇跡

    馴れ初め AndroidのCMに出てたのをテレビで見たのが最初の出会い。それは間違いない。はっきりと覚えている。時期ははっきりしないけど、多分1年か1年半くらい前。足を大きく上げるキャッチーなダ...…
続きを読む

BABYMETALという奇跡②

ウェンブリーLV そんなBABYMETALを一目見てみたいと思うのは当然の流れ。だが、昨年末の横浜アリーナ2daysは全くチケットが取れず。勿論、すでに決まっていたロンドンのウェンブリーアリーナは行け...…
続きを読む

BABYMETALという奇跡③

  BABYMETALライブ曲ベスト10 超個人的なもの。ライブ映像の質はカメラワークの良し悪しに大きく左右されるので、あくまで映像として見た時の感想。あしからず。 10位 No Rain, No...…
続きを読む

【ステンドグラス制作】赤いケイムランプ【その6・完成】

全面ハンダ - The entire surface of the solder 先に表を全面ハンダしますが、その前に裏側の様子を確認し、裏側のケイムとガラスを少々整えておきます...…
続きを読む

 Comment

メールアドレスが公開されることはありません。