Image

ケイムで立体を組む-小形ランプシェード【前編】

前々からずっと作りたいと思っていた、ケイム組みの立体です。


難易度が高そうなので、初めての今回は小形のランプシェードを試しに作ってみます。。


先ずは【前編】。構想・デザイン~ガラス・カットまでです。

Pocket

image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/6.3, ISO1600, 0.3EV, Photo by eto

構想・事前準備 - Concept

一般には、ステンドグラスで立体を作ると言ったら、ほぼ99%カッパーを使って作ります。しかし、ケイムでも立体を作ることができるのです。


という訳で今回、チャレンジしたいと思います。


先ずは、実家にケイムで組んだランプシェードがあるのでご紹介します。

image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO1600, Photo by eto


image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO2000, Photo by eto


image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO4000, Photo by eto

こんな感じです。

基本的には単純な形のものしか作れません。

しかし、何かケイム組みのランプシェードにただならぬ可能性を感じています。






デザイン・完成イメージ - Design

イラストレーターでデザインします。


初めてで自信がないので、単純な、球体に近いものを作ります。ガラスピースは、12面、5段で60枚にします。


立体のデザインは平面と違ってかなり難しいのですが、今回は図面で計算してサイズを算出していきます。


image


断面図です。正16面体を基に、そこから10面を使う感じです。

垂直の部分を作ることにより組み易くなります。


下の図は平面図(上から見た図、水平の線のみ)です。



image


そしてこちらが完成イメージ。


こうやって、大変ですが実際に描いてみると、イメージが明確になって良いです。





製図・型紙作成 - pattern making

image


計算で出した数字を基に型紙を平面で描きます。この辺りは、詳しい説明は省きますが、下にご紹介するサイトを見ると、大いに参考になるかと思います。


基本的な考え方として、断面図と平面図が描ければ、あとは簡単な数式で型紙の数字が算出できるので、それを基にイラストレーターで型紙を作成すれば良いです。


勿論手書きでも良いですが、イラレの方が断然楽で正確かと思います。


How to design stained glass lamp shades

手で図面を描くやり方が載っています(英語)。


Perfect stained glass lamp designing without maths.

上のサイトの動画バージョン1。


Fast & accurate template making for a stained glass lamp shade.

動画バージョン2。



イラストレーター上で、実際の寸法に基づく具体的な数値に落とし込み、型紙を作成します。この辺りは、イラストレータは実寸で簡単に印刷できるので楽です。


今回は、ケイムのハートは1.6mmぐらいなので、型紙では1.8mmほど抜きます(間を空けます)。下の実際の印刷した型紙でいうところの、赤字で型紙をカットします。

image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/6.3, ISO800, 0.3EV, Photo by eto

型紙用の紙に直接印刷します。


image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/6.3, ISO640, 0.3EV, Photo by eto

正確にカッターでカットして型紙の完成!




ガラス選び - glass selection

今回は初挑戦ということもあり、チープなガラスでいきます。

仏サンゴバン社のエストラドです。端材の有効活用みたいなものですね。


ランプシェードは、本当はオパレッセントの方が良いですが、今回は実験的な要素が強いのでコレでいきます。

image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/2.0, ISO125, Photo by eto



ガラスカット - glass cut

ガラスを切っていきます。5×12で60枚です。


そもそも型紙が正確に切れているか自信がない場合は、型紙を下紙に合わせて確認すると良いでしょう。型紙が正確に切れていない場合は、ガラスカット時にそれを考慮してカットすることにより、微調整します。

image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/6.3, ISO800, Photo by eto

image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/6.3, ISO1250, 0.3EV, Photo by eto

ガラスのカットが終わりました。




ケイム準備 - lead came preparation

今回はFH8を使用します。


本当はもう少し細い方が良いかなとも思いますが、手元にあるのでこれで。

image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/6.3, ISO1600, 0.3EV, Photo by eto

ちょっとボロいケイムですが、これで何とか・・。


今回はここまで。【後編】で実際にパネルを組み上げ、完成に向かいます!



Pocket

関連する記事 - Related Post

stained-glass-of-the-golden-ratio-02_01

黄金比を使ったステンドグラス(制作編)

ガラスカット デザイン画を原寸に拡大して下紙を作り、下紙から型紙を作ります。そして型紙通りにガラスをカットします。 ロンデルは手作りのため、正確に径が...…
続きを読む
stained-glass-of-the-golden-ratio-01_00

黄金比を使ったステンドグラス(デザイン・ガラス選び編)

黄金比とは? 黄金比とは、1:1.6180339・・・・((1+√2)/2)として表される比のことです。古代ギリシア以来「神の比」とまで呼ばれ、人間にとって最も安定し、美しい比率とされています。 しかし、本...…
続きを読む
DSC04804_400x400_60per

はじめてのステンドグラス・ランプ作り【後編】

半田付け - Soldering 1面 下紙を少し変更し、各線を延長させた補助線を引いておきます。 この上にカッパーを巻いたガラスピースを並べ、周りを透明なガラス板とホースネイルと呼ばれる平釘(馬...…
続きを読む
DSC0251_400x400_60per

はじめてのステンドグラス・ランプ作り【前編】

構想 - Concept 某セレクトショップの外壁に入っているステンドグラスと同じガラスで、同じようなデザインのランプを作ってみようかと思った訳です。 初めてなので、複雑な立体のものは避け、平面×12面のランプ...…
続きを読む

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。