Image

デッサン2016-02:メガネ

やっぱり月末の最終日になってしまった、、今月のデッサンです。


今回は、メガネにチャレンジ!

Pocket

Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO800, -0.3EV, Photo by eto

モチーフ

Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO1000, -0.3EV, Photo by eto

愛用のメガネです。角矢甚治郎 其の二。描く領域は少ないですが、きっと描くと難しいんだろうなと思います。。



デッサン・スタート!

Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO800, -0.3EV, Photo by eto

先ずは形を。微妙な変化が多く、やはり難しいです。遠近感も全くつかめていませんね・・


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO1250, Photo by eto

多少増しになりました。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO1250, Photo by eto

カタチを修正し続けてもラチが明かないので、陰影をつけていきます。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO1600, Photo by eto

更に色を乗せていきます。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO1600, Photo by eto

もう少しくっきりはっきりと描いて、質感やシャープさを出したいところですが・・ とりあえず完成 所要時間、約2h29m


反省点と今後

良い眼鏡なだけに、思った以上に形状が複雑でした。色も微妙なグラデーションが多いです。複雑なだけに、遠近感をとらえずのが非常に難しく、いつまで経ってもカタチは合いそうになかったですね。何を基準にして描けば良いかも良く分からなかったですし。


そんな中、影を付けると空間が見えやすく、絵としてもそれっぽく仕上がったので、その点は少し助けられました。


画用紙の目があるので、なかなか綺麗なハッキリとした線・色は出せないですが、もう少しセルフレームの質感やシャープな形状を出したかったです。全体にぼやけてしまいました。




右脳と左脳をフル動員して、真面目に描かなければ、今後の上達は望めそうもありません、猛省します。。


さしあたり、月末に追い詰められて描くのをやめなければ。。特に今回なんかは、平日夜の疲れた身体で太刀打ちできるモチーフではなかったです。


あとは、毎度ながら、もっと良く観察して、地道にしつこく描いていかなければ駄目ですね。忍耐力や根性が足りてないです。


来月はもっと頑張りたいと思います。






Pocket

関連する記事 - Related Post

デッサン2015-01:デッサン手順の文書化

モチーフ 今月のモチーフは、お気に入りの骸骨の石膏像です。男性の骨とのこと。今までも何度か書きましたが、あまり上手く描けず、です。 事前にまとめたデッサンの手順を意識しつつ、こいつを...…
続きを読む

BABYMETALという奇跡

    馴れ初め AndroidのCMに出てたのをテレビで見たのが最初の出会い。それは間違いない。はっきりと覚えている。時期ははっきりしないけど、多分1年か1年半くらい前。足を大きく上げるキャッチーなダ...…
続きを読む

ステンドグラス職人になる方法

はじめに 「夢を持ってはだめ」 私が初めてステンドグラスを作ったのは、東京の都心にある、とある個人の方の工房でした。その頃、色々あって急にステンドに強い興味を持ち、当時荻窪に住んでいた私はネットで近くのステンド...…
続きを読む

パンクしないタイヤ、TANNUS(タンナス)が凄い件

個人的自転車事情 - パンクさえなければ・・ 基本的に、通勤も含めて都内の移動はほぼロードバイクです。 単に自転車が好きってのもありますが、都内、特に都心だと、自転車の方が電車より早いですし、目的地の目前まで行...…
続きを読む

 Comment

メールアドレスが公開されることはありません。