Image

ステンドグラス職人になる方法

ステンドグラス職人になる具体的な方法を、自分が行ったやり方を交えて考察してみます。


Pocket

Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO160, Photo by eto

はじめに

「夢を持ってはだめ」


私が初めてステンドグラスを作ったのは、東京の都心にある、とある個人の方の工房でした。その頃、色々あって急にステンドに強い興味を持ち、当時荻窪に住んでいた私はネットで近くのステンドグラス教室を探して、体験教室に行ったのでした。


そこで、3時間くらい掛けて、カット済みのガラスにカッパーテープを巻き、ハンダ付けをして、真ん中がミラーになっているステンドグラスの小物を作ったのでした。


そんなことをしながら、その工房の主宰者の方との会話の中で言われたのが冒頭の言葉でした。60代ぐらいの女性で、業界歴は30年以上のベテランの方でした。


当時の自分は、まだ全くステンドをやったことも無ければ知りもしない状態ながら、「これって仕事にできないかな?」とおぼろげながら思っていました。そんな状態で言われたこの言葉に、ハンマーで強打されたような衝撃を受けたのを良く覚えています。今思えば別に大した言葉じゃないし、おばさんの言うことなんて真に受ける必要がなかったのだけど、少し心がへばっていた当時の私は、何故かその言葉にとてつもない負の衝撃を受けてしまったのでした。それはもう、家に帰った後に頭をかかえながらソファーに倒れ込み、立ち上がれないほどでした。


発言の意図としては、ステンドグラスなんてお金にならないし働き口も殆ど無いし周りからも認められないから、夢を持って目指しても傷付くだけだよ、だから夢なんか持っちゃだめだよ、というものだったと思います。


その発言は、親切心や、現状を伝える為に良かれと思っての発言かもしれません。でも、自分ができなかったからといって、これから新しいことを始めようとしている何も知らない素人にマイナスのイメージを持たせるのは、良くないことです。素直に応援してあげればよいのです。





あれから2年、色々ありましたが、一応仕事としてステンドグラスで生活できるようになったので、そうなるための方法や道筋を、備忘録も兼ねてここに残しておきます。


前提として、特に以下のような方を想定して書いています。


  • 将来的にステンドグラスで生計を立てられればと思っている。
  • ステンドグラスの工房や会社へアプローチする方法が知りたい。
  • 趣味として教室で習っているが、本格的に修業がしたい。
  • ガラス関係の仕事に興味がある。
  • ステンドグラスの仕事をしてはいるが、今の職場に不満がある。
  • ステンドグラスを極めたい。

年齢は、若いほど良いと言えば良いです。一般的に好まれます。ただ、年を取っていてもステンドに活かせる何らかの経験があれば、マイナスにはならないでしょう。


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO160, Photo by eto


ステンドグラスに関わる職種

ステンドグラスに関わる仕事を大まかに分類してみます。


なお、本記事のタイトルを「職人になる方法」としていますが、作家などそれ以外のステンドグラスに関係する職種でもokです。



職人 - artisan

熟練した技術によってステンドグラスを極めんとする人。マイスター。


建築用のケイム組みパネルを主とし、最終的な仕上がりの良さはもちろんのこと、ガラスカットの正確さや、ハンダの綺麗さにこだわりを持っている。また、作るのが早い。



ただ、職人の中にも大きな差があり、とにかく丁寧でこだわりぬく人や、早いだけで仕事が雑な人など様々な種類の職人がいる。


大きなステンドパネルを持ったり施工を行うこともあるため、腕力がある程度必要。また、身長もあったほうが有利。そのため、職人をしている女性もいるにはいるが、きちんとした力量を持った人は皆無である。



作家 - artist

作品としてのステンドグラス作りに興味があり、それを行っている人。画家や彫刻家と同じような人種。


本格的な作家は専業で職業として成り立っているが、大部分はそれで生活しているわけではない。従って、単に数で言うと、圧倒的に女性が多い。



多くの場合、教室を開いたり受け持っており、そこでの生徒からの月謝、道具や部材の販売益が殆どの収入源になっている。作品自体を売って生計を立てている人は、日本ではおそらくゼロ。



デザイナー - designer

ステンドのデザインを行う人。


なぜかあまりスポットライトが当たらないが、実は最も重要で、ステンドの価値を決めてしまう大事な仕事。


しかし実際には、あまり考えず、適当にデザインする人が結構多い気がする。




これだけを専門で行う人は、職人とデザイナーが別れているようなある程度大きな組織に属している場合が殆どであり、かなりの希少種。



営業 - sales

ステンドを経済活動に結び付けるために必要な職種。一般的には、建築会社やハウスメーカーを回って営業活動を行ったりする。他の仕事の営業と同じで、ある程度適性が必要である。


これだけを専門で行う人は、ある程度大きな組織に属している場合が殆どであり、かなりの希少種。





経営者 - manager

ステンドグラスをビジネスと捉えて、会社や工房を経営している人。いわゆる社長。


個人で活動している職人や作家も、独立してやっていく上では経営者的な側面が必ずある。



ステンドグラスの制作がまったく出来ない経営者もいるが、割合的には少数派。多くは、ステンドグラス職人/作家が会社を興して、そのまま社長になるケースが多い。


ちなみに自分は、今のところ世の中的には「職人」に分類されます。ただ、「職人」という言葉があまり好きではないので、自分ではそうは思っていません。上を目指そうと思えば上記の全ての要素が必要なので、今は全てを目指しています。



業界の構造

ステンドグラス制作会社・工房を中心とした、業界の関係図です。


ステンドグラス制作工房の大規模のところは、建設会社やハウスメーカーと太いパイプがあり、ある程度計算できる量の仕事が確保されています。その為、従業員も多く、比較的安定しています。


一方で、小規模な制作会社や個人工房は、一般の顧客から直に仕事を受けることが多く、あまり安定していません。波があるのです。そこで、小規模な工房は大規模工房の下請けを行うことも多々あります。中には、下請け専門の工房もあるくらいです。


また、一般の方を相手にしたステンドグラス教室も、工房の大きな収入源です。ただ、教室は、大規模な工房や昔からある由緒ある工房は開いていないところが多いです。逆に小規模工房・個人工房は、殆どのところが教室を開いています。


小規模な工房にすれば、定期的にある程度まとまった額を売り上げられて利益率も高い教室は、とても大きな収入源なのです。




現場のリアル

ステンドグラス自体は、メインの技法を覚えるだけであれば、数ヶ月で可能です。もう少し範囲を広げて、サンドブラストやダル・ド・ヴェール、キルンワークなどとなると、もう少し時間が掛かります。


ともあれ、技術を覚えること自体はそんなに難しくありません。やっていれば自然に覚わりますし、スピードも上がってきます。本質的には、そんなことよりも、センスや発想、デザイン能力の方がずっと大事です。ただ、そのあたりは現場であまり聞くことはありません。実際には、ある程度のクオリティのものを早い時間で制作できることが、最も評価されるように思います。特に大人数での仕事になると、スピードを求められます。


実際に働いている人を見ると、理想に燃えて野心を持っている人は、10人に1人もいません。多くの人は、何かきっかけがあってステンドの仕事をはじめ、そのまま何となく働いている人や家族のために働いている人たちです。要するに惰性です。どうしてもやりたくてやっている人は、案外少ないのです(自分の知っている範囲だけかもしれませんが・・)。


また、あまり語られないですが、ステンドグラスの制作現場は、ガラスによるケガ、ハンダの煙やフラックス、鉛の毒性、粉塵などという体に悪い要因や物質があります。これらを過度に気にする方には、この仕事は難しいかもしれません。



働けそうな場所

ネットで確認する限り、表立って求人をしているのは1社あるかないかですね。


つまり、求人が無い会社に対して自分から積極的にアプローチする必要があります。


今現在、小規模の個人工房も合わせれば、日本にはおおよそ1000以上のステンドグラス工房・会社があると推測されます。


その中で、正社員だけでなくアルバイト・パートも含めて人を雇う余地のあるところは、これも推測ですが、20~30工房ぐらいだと思われます


更にその中で、フルタイムで一人暮らしできるぐらいの月収を望めるのは、多くても5工房ぐらいかと思います。全て憶測ですが。


狭き門に見えますが、前述のように、本当にステンドがやりたくてその仕事をしている人が全てではないため、活路は十分あります。乱暴に言うと、今働いている人よりも能力がある・会社にとって役立つことを示せたら良い訳です。それができれば、まともな経営者は、既存の人間を首にしてでも雇いたくなると思います。


具体的なアプローチ方法

全く素人の状態でのスタートは、あまりお勧めできません。

(まあ、実際に職人・作家をやられている方の多くは、全くの素人から工房に入ったというパターンなのですが。。)


ただ、ステンドグラスは全くの素人の方でも、美術系の学校を出ていたり何らかのステンドに役立つ素地があれば、これからお伝えするアプローチ方法をとっても良いと思います。


いずれにせよ、先ずは教室に通うなり独学なりで、ステンドグラスがどんなものかを一通り体験されることをお勧めします。やってみて初めて分かることも多々ありますし、想像が及ばないところも多分にあると思いますので。


教室に行く場合は、出来るだけきちんと習える所が良いです。職人としての道を進みたいのに、カッパーで小物ばかり作っていても仕方がないです。しっかり建築用のケイム組みパネルが組める、実績のある講師をみつけましょう。目安として、小規模で女性が主宰しているところではなく、しっかりした男性の先生が居るところをオススメします。教室の先生は資格も不要で誰にでも成れるため、当たり外れがとても大きいのです。とにかく、しっかりとした信用できる先生を見つけましょう。


ちなみに、独学はかなり非効率なので、あまりオススメできません。


さて、本題の、具体的なアプローチ方法についてです。


どこかのステンドグラス制作会社・工房に入ることをゴールとします。


なお、日本は、ステンドグラスに限らず多くの会社が関東に集中しているので、主に関東で働く場合を想定して書きます。地方の場合でも応用は効きますが、そもそもステンドの工房自体が少ないので、別のアプローチ方法の方が良いかもしれません。


  • ステンドグラス制作会社・工房をリストアップする。
  • 工房や制作会社でない材料の問屋さんなどでも、実は制作を行っていたりするので、ステンドグラスに関係する工房・会社は全てリストアップしてみる。


    最低でも20以上はリストアップすること。



  • 自分なりの条件を元に、志望順位を付ける。
  • 条件例: 都心に近い、HPの雰囲気、そこの工房の作品の良し悪し、など



  • 実際にアプローチする。
  • メールや電話で「働きたい」と言っても直ぐに断られる場合が殆ど。よって、できれば、先ずその工房へ直接行き、話をした方が良い。メールや電話で断られた後だとちょっと訪問し辛いので、先に訪問してしまった方が良い。


    初めは働きたいという意思を見せずに見学か何かの体で訪問し、そこから話を広げて、働きたい旨を伝えるのが効果的。


    訪問の際は、本気度を見せる為に、履歴書や職務経歴書、自己アピール資料を持って行くのが望ましい。


    相手も、電話やメールでは断り易いが、会いに来られると断り辛いことが多い。ちなみに、直接来る人間なんてのは殆どいない。いかにこちらの本気度を見せられるかがミソ。


    なお、昔から続いている世の中的に有名な工房は、世襲制だったり親族経営だったりが多いので、ほぼまったく相手にしてもらえない。0ではないが、可能性はかなり低いと思った方が良い。


    狙い目は、大手ハウスメーカーのステンドを一括で受注しているような、ある程度の規模のステンド制作会社である。人員が多いので欠員も定期的にあることが多く、長期的に攻めれば更に入り込める可能性は上がると思われる。


    要は、今そこで働いている人たちより優秀に映れば良い訳なので、あの手この手でアピールして何とか振り向いてもらおう。



  • あらゆる方法でアピールして、何とか働かせてもらう。
  • 電話でもメールでも直接訪問でも、相手がちょっとでも雇ってくれそうだったら、とにかく何とかもぐり込むこと。はっきり言って、手段は選ばなくても良い。選んでる場合じゃない。


    どうしてもだめなら、連絡先を渡して、空きが出たら連絡下さいと言おう。



  • 定期的に連絡する。
  • もしこの時点で駄目でも、20社以上の工房にアプローチができれいれば、恐らく半年以内ぐらいには、どこかの工房に欠員が出たり、人の動きがあったりすると予想できる。


    その間、連絡を待ちつつステンドの腕を磨くのも良いが、できれば数か月毎に連絡を入れると効果的だと思われる。はっきり言って、そこまでしつこく頑張れる奴なんてほぼいない。誰かが手を差し伸べてくれるはずだ。



  • 万策尽きたら。
  • あやゆる方法を試してもどうにもこうにも駄目な場合はどうしたら良いか。


    いや、万策尽きたと思っていても、多くの場合は、まだやれることが残っているはずである。


    些細なことでも良いので、やれることを30個挙げてみよう。例えば以下のようなことである。


    ・ステンドグラス関係のブログを書いている人に相談してみる。

    ・公共の場所にある気に入ったステンドグラスの作者を突き止め、連絡を取ってみる。

    ・電話帳を見て片っ端から電話する。

    ・北海道から沖縄までくまなく探す。

    ・海外の工房にもアプローチを試みる

    ・ステンドグラス用品のお店で聞いてみる。

    ・作品展などで作家さんに声をかける。

    ・facebookやtwitterを使って探してみる


    とにかく30個列挙しよう。些細なことで良いので。この場合は数が大事である。そして、30個すべてを実行に移そう。


若干、行動力が求められますが、何とか頑張ってみましょう。これらができれば、9割方決められると思います。


あとは、全く別の手段として、一部の工房が行っている有料での研修を受けるのも手かもしれません。年間100万程度~250万程度掛かるのでお金に余裕があれば、の話ですが。研修が終われば、どこか就職先・修業先を紹介してくれる気がします。


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO800, Photo by eto


おわりに

個別にステンドグラス工房を回ってアプローチしている人間は殆どいません。だから、結構驚かれたり喜ばれたりしますし、丁寧に話を聞いてくれます。その際、相手と会話できるぐらいの経験と知識量があれば、なお良いです。ただの全くの素人だと、相手も込み入った話はしてくれません。これはかなり重要なポイントです。


数年前までは、渋谷にステンドグラスアートスクールという専門学校があり、そこから一定数が工房へ就職できるラインがあったようです。しかし、今は学校がなくなってしまっており、ステンドグラス制作者への道はより狭き門になっていると思います。


「ステンドグラスを仕事にしたい」と周りの人に相談しても、勝手な決めつけや想像でモノを言う人があまりにも多いです。それを真に受けて可能性を閉ざす無かれ。未来は皆に平等に広がっています。


それでは頑張ってください!



Pocket

関連する記事 - Related Post

DSF07395_400

ステンドグラスの仕事を続けるには

はじめに 自分自身、ステンドグラス・ガラスに関わる仕事に就いて、もうすぐ3年が経つ。 最初の2年は地方のステンドグラス工房でのアルバイト。後の1年は都内のステンドグラス制作会社勤務。現在もこの会社に在職中で...…
続きを読む
DSF02584_400

2年ぶりの東京暮らし、スタート【前篇】

2年ぶりの東京 以前にも少し書きましたが、執念が実り!?、運良く東京のステンドグラス工房で働けることになりました。丁度2年ぶりに東京に戻ってきましたね。 工房が23区内にあるので、家も23区内で借りるこ...…
続きを読む
DSF02044_400

自己紹介

はじめに 自己紹介と言っても何を書けばよいか不明なので、簡単な属性、趣味趣向と、あとは時系列で今までの人生を振り返ってみます。 ●名前:衛藤典昭(Eto Noriaki) ●血液型:B型 ●星座:天...…
続きを読む
DSC03153_400

2年ぶりの東京暮らし、スタート【後編】

買い物 さてさて、この部屋にどう家具を配置するのか。もはやゲーム感覚です(笑。 一通り持ってきた荷物は配置しましたが、机と椅子がありませんでした。さすがにこれがないと暮らせないことに気づき、都内の家具屋などを探...…
続きを読む

11 件のコメント

  • 加藤 より:
     はじめまして、加藤と申します。僕は、ステンドグラスに興味があるので、衛藤さんのブログをよく、拝見しています。更新をいつも楽しみにしています。 僕自身も4月から東京でステンドグラスを習おうと考えております。先生に当たりはずれがあるということなので、教室選びに不安があります。どこか良い先生がいる工房、教室を知っていたら教えて頂けないでしょうか?
    • eto より:
      > 加藤さん

      コメントありがとうございます!

      ステンドに興味がある方が、こうやってブログを見てコメントを頂けることが嬉しいです。


      さて、4月から習われるんですね~。学生さんでしょうか。

      ステンドが初めてであれば、先ずはどんなものかを体験するところからですね。


      ある程度本格的に習われるのでしたら、建築用ステンドグラスの工房で現在働いているか、過去に働いていたことのある男性の先生が良いでしょう。


      具体的な工房、教室名としては、あくまで自分の知る限りですが、興和ステンドグラス、璃房ステンドグラス辺りが良い感じがします。どちらも東京の渋谷区にある教室です。

      ただ、これらの教室のことを良く知っている訳ではないので、自信をもってオススメできると言うほどではないです。。講師のプロフィール等から見て、多分ココなら大丈夫そうだな~という程度ですね。


      ちなみに、ですが、将来的にもっと本格的に職業として考えているのならば、建築用ステンドグラスを作っている工房でアルバイトしながら習う、という手もあります。


      また何かあったら気軽にコメorメッセージください!


  • 加藤 より:
    返信ありがとうございます。 僕は、大学の編入学のため、来年の4月から上京します。 美術系の学部なので、これをきっかけにステンドグラスを始めようと考えています。 正直、アルバイトをして本格的に習いたいのですが、求人を見かけないため、どうやってアプローチすればよいのか、わかりません。 やはり、いくつかの工房へ訪問して、雇ってもらえるかを聞いて周ることがよいのでしょうか?
    • eto より:

      そうですね、ステンドグラスの工房でアルバイトの募集をしているところは皆無だと思います。 そうなると、工房をまわって直接お願いするしかありませんが、ハードルは高いですよね。。


      ただ、個人的に一社だけアルバイトの募集をしている工房を知っています。本格的にステンドグラス制作をしている大きな工房です。ステンドグラス以外のガラス製品も扱っており、募集職種はステンドグラスとは直接関係ありませんが、工房にはステンドグラス職人が沢山居るため、大いに勉強になると思います。最低週2日、昼間の13時~18時の時間帯に入れることが条件です。


      と言う訳で、4月以降も募集しているかはわかりませんが、興味があればご連絡下さい。


      まあただ、加藤さんは学生さんで時間がありそうなので、先ずはゆっくりとステンドグラスに触れあって、 色々決めていけば良いな~と思っています。


      なお、話がそれますが、一応、東京では、ステンドグラスを仕事としてやっていく道は開けています。


  • 加藤 より:
    こんばんは、相談に乗ってもらい、本当にありがとうございます。 アルバイトを募集している工房を教えていただけないでしょうか。 半ばあきらめていた職業だったので、工房に関わりを持つことができるのなら、とても嬉しいです。
    • eto より:

      先程、携帯の方に工房の情報をご連絡しました。


      以前、東京の渋谷にステンドグラスアートスクールという専門学校があったそうです。 知り合いに20年前そこを卒業生した方がいるのですが、同期の卒業生30人のうち、現在ステンドグラスを職業 としている方は、一人だけ(その知り合いの人)だそうです。


      そんな世界ですが、目指す価値のある素敵な職業だと私は思っています。


      いろいろ、上手くいくと良いですね。

  • 加藤 より:
    ありがとうございます。 僕も素晴らしい職業だと思っているので、これから、この職業に就けるよう、いろいろと挑戦していこうと考えています。 本当にありがとうございました。お仕事頑張ってください。
  • なお より:

    初めまして。 「ステンドグラス職人」で探していたら ココのブログに出会い そして etoさんの「はじめに」を読んで 思わず今の私みたい!と思ってしまいました。


    読んでいく内に やはり厳しい世界なんだなぁ~と思い勉強したいけど 私の住んでいる所は田舎なので そんな教室も習い事するところもありません。


    引越しをしたいとは思っていますが パートの身分なので簡単に部屋を貸してもらえません。


    でもステンドグラスのランプ職人になりたい!!

    と思っているのです。

    ただ 手先は器用ではありませんし・・・etoさんの絵を見て愕然…やはりあのくらい上手く描けないとだめなのでしょうか??


    前途多難とはわかっていますがやってみたいのです!!!

    何事も体験しなきゃわからないですしね。

    もし etoさんが私みたいな立場だったら まず何をしますか?


    はっ!! 自己紹介してませんでしたね!!

    失礼いたしました。


    私は 「なお」 と申します。

    年は かなり ”おばば” で その歳でマズイでしょ??

    と軽く思われてしまう…そんなお年頃です。


    そんな こんな おばばではありますが宜しくお願いします。

    • eto より:

      なおさん


      はじめまして!

      コメントありがとうございます!


      >etoさんが私みたいな立場だったら まず何をしますか?


      そうですね、、もしその想いが強いのでしたら、引っ越すことを考えますね。仮に東京ならば、正規の仕事に就いていなくても、住める場所は、探せばあると思います。


      ただ、いきなり引っ越すのも大変だと思いますので、遠距離だと大変だとは思いますが、何とか頑張って、月一でも教室へ通うと良いかと思います。


      知り合いの女性は、一時期ステンドグラスの勉強のために、週一日、関西から東京まで新幹線で通っていました。今は東京に移り住み、独立のための準備をしています。


      この女性のように、好きな事ややりたい事を中心に考えると、どうしても周りから見るとバカのように映ります。でもそういう、良い意味の「バカ」になることも、時には必要かもしれません。とは言っても、どうしても周りの目や世間体は気になってしまうものですが。。。


      ちなみに、独学だと絶対無理、という訳ではありませんが、ある程度本格的にやるとなると、かなり遠回りだと思います。


      >ただ 手先は器用ではありませんし・・・etoさんの絵を見て愕然…やはりあのくらい上手く描けないとだめなのでしょうか??


      手先の器用さはあまり関係ないと思います。デッサン力も、必須ではありません。それよりも、作品に掛ける思いやセンス、発想力やアイデアの方が大事ですね。


      ただ、緻密な物を作るのでしたら、自分の作品のどこがダメかを見抜ける「目」が必要だとは思います。自分はその為にデッサンの勉強をしています。


      先ずは、何とか頑張って、何らかの行動を起こしてみて下さい。

      影ながら応援しています!

  • なお より:

    そうなんですよ!!!! なんらかの行動を起こしたいのですが そう簡単にもいかず うずうず状態なのです!!


    私ひとりなら いっちゃえ~~!!と行動するのですが現在母親と暮らしていまして…

    さらに…引越しとなると 今の仕事を辞める事になるので

    母親は「無理!無理!出来るわけない!今後どうするの??」と毎日のように言われ モチベーションがガタ落ちになってしまうんですよね…


    etoさんの返信にまた心にブワッと炎が…

    やってみたい!! チャレンジ精神って必要ですよね!!

    やるだけやって だめなら あきらめもつくんです!


    うぅ~~~~やってみたい…

    長々すいません…

    うわぁ~…ぜひ体験してみたい…

    おすすめの教室またはetoさん 教えてもらえませんか??

    ど素人すぎる私でも…できますかね??

    • eto より:

      早くうずうず状態を解消したいところですね(笑)。


      全くの未経験ということでしたら、先ずは経験してみることだと思います。


      一日体験教室はどのステンドグラス教室も行っているので、思い切って参加してみてはどうでしょうか。遠方からだと費用はある程度掛かるかもしれませんが、現実的にはそれが良さそうです。


      はっきりとオススメ出来る教室は特にないのですが、東京の都心でしたら、ここなんかは良さそうですね。


      あとは、色々とネットで調べてみて、ご自身に合いそうな教室を探してみて下さい。

      Google検索 – 東京 ステンドグラス 教室

      私自身は人に教えるほどの腕がありませんので、、スイマセン。。


      最初は皆素人なので、その点はご安心を。

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。