Image

あじさい×アジサイ×紫陽花

季節柄、紫陽花です。

と言っても、ちょっと季節を外してしまいましたが。もう枯れはじめてますよね。


自分は、こういう同じものが沢山集まったもの、クラスター状のものが好きです。


なお、アジサイかどうか怪しい花や、そもそも生物ですらない物も入っていますが、まあ、あまり細かい事は気にせずご覧下さいw。

Pocket

DSC0231s.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/800, f/4.0, ISO100, Photo by eto

某日

紫陽花を撮ろう!と思い立ち、休みの日に自転車を走らせ、遭遇したものをパシャパシャ撮った訳です。季節がちょと遅く、枯れてたのが結構ありましたね。でもなんとか持ちこたえてるもの多々ありました。当日は曇りでしたが、雨上がりだともっといい感じになったでしょうね。


アジサイ(紫陽花、学名 Hydrangea macrophylla)は、アジサイ科アジサイ属の落葉低木の一種である。広義には「アジサイ」の名はアジサイ属植物の一部の総称でもある。狭義には品種の一つ H. macrophylla f. macrophylla の和名であり、他との区別のためこれがホンアジサイと呼ばれることもある。
原種は日本に自生するガクアジサイ H. macrophylla f. normalis である。

6月から7月にかけて開花し、白、青、紫または赤色の萼(がく)が大きく発達した装飾花をもつ。ガクアジサイではこれが花序の周辺部を縁取るように並び、園芸では「額咲き」と呼ばれる。ガクアジサイから変化した、花序が球形ですべて装飾花となったアジサイは「手まり咲き」と呼ばれる。

日本、ヨーロッパ、アメリカなどで観賞用に広く栽培され、多くの品種が作り出されている。原産地は日本で、ヨーロッパで品種改良されたものはセイヨウアジサイ と呼ばれる。

DSC0226s.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/500, f/2.0, ISO100, Photo by eto

DSC0225s.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/800, f/2.0, ISO100, Photo by eto

DSC0227s.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/160, f/3.5, ISO100, Photo by eto

DSC0238s.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/500, f/2.0, ISO100, Photo by eto

DSC0239s.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/500, f/2.0, ISO100, Photo by eto

ONE HAND, FULL SIZE.

上の2つのカットは同一の画像です。

別にマクロ撮影でもなんでもないんですけど、相変わらずいい解像感ですね。これがフルサイズセンサーの成せる業なのでしょうか。


DSC0236s.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/2000, f/2.0, ISO100, Photo by eto

DSC0234s.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/800, f/2.5, ISO100, Photo by eto

DSC0228s.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/2000, f/2.5, ISO100, Photo by eto

DSC0229s.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/2000, f/2.0, ISO100, Photo by eto

DSC0230s.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/2000, f/2.0, ISO100, Photo by eto

ちょっと

好きとは言っても、アジサイばかりを見てると、なんか酔ってきますね。紫陽花酔いw。



DSC0235s.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/400, f/2.0, ISO100, Photo by eto

DSC0233s.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/400, f/2.2, ISO100, Photo by eto

DSC0232s.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/1600, f/2.0, ISO100, Photo by eto

DSC0237s.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/500, f/2.2, ISO100, Photo by eto

DSC0224s.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/160, f/5.6, ISO100, Photo by eto

*専門家の方のテクニック

あじさい撮影で覚えておきたい、7つのポイントとコツ - studio9
中級編:あじさいを撮る - 【匠のデジタル工房・玄人専科】


最後のは

壁面に設置されたステンドグラスです。こう言う一部が立体的になってるのは珍しいですよね。


今回はすべてRAWから現像してます。Camera Rawなのですが、[トーンカーブ]と[HSL/グレースケール]のタブにある機能を初めて使ってみました。これ、なかなか使えますね。


トーンカーブ
明るさ・コントラストを細かく調整できる。トーンカーブでしか出せないトーンがある。
HSL/グレースケール
個別の色(8種類)ごとに色相(Hue)/彩度(Saturation)/輝度(Lightness)を調整できる。

トーンカーブは、詳しい使い方は理解できていませんが、ドラッグしてグリグリ動かすとリアルタイムで効果を確認できるので、良い感じになったところに点を打つ、という使い方をしています。ただ、もうちょっと頑張って正しい使い方をマスターしたいところですね。ちょっと研究してみます。



Pocket

関連する記事 - Related Post

ステンドグラス職人になる方法

はじめに 「夢を持ってはだめ」 私が初めてステンドグラスを作ったのは、東京の都心にある、とある個人の方の工房でした。その頃、色々あって急にステンドに強い興味を持ち、当時荻窪に住んでいた私はネットで近くのステンド...…
続きを読む

【ステンドグラス探訪76】青淵文庫

青淵文庫 晩香廬と同じ敷地内、すぐ隣あるのがこの青淵文庫(せいえんぶんこ)だ。青淵とは渋沢栄一の雅号からきており、文庫は書庫を意味する。晩香廬もそうだが、ネーミングセンスが秀逸だ。 ちなみに、晩...…
続きを読む

ケイムで組むランプシェード2【その4】【完成】

全面ハンダ - The entire surface of the solder 組みと表の接点のみのハンダが終わった段階です。 カタチとしてはもう出来ているのですが、ここから歪みの...…
続きを読む

パンクしないタイヤ、TANNUS(タンナス)が凄い件

個人的自転車事情 - パンクさえなければ・・ 基本的に、通勤も含めて都内の移動はほぼロードバイクです。 単に自転車が好きってのもありますが、都内、特に都心だと、自転車の方が電車より早いですし、目的地の目前まで行...…
続きを読む

BABYMETALという奇跡

    馴れ初め AndroidのCMに出てたのをテレビで見たのが最初の出会い。それは間違いない。はっきりと覚えている。時期ははっきりしないけど、多分1年か1年半くらい前。足を大きく上げるキャッチーなダ...…
続きを読む

 Comment

メールアドレスが公開されることはありません。