Image

iPhone5 × CX3 × RX1R 画質比較①

個人的な画質比較です。

Apple iPhone5
現役スマホカメラ
RICOH CX3
先代のカメラ
SONY DSC-RX1R
新しく買ったカメラ

ま、念のため。 


ちょっとiPhoneスゲー って思いました。

Pocket

ICR_s.jpg

RX1Rの実力とはいかに

画像はすべてjpeg撮って出し(photoshop等での補正なし)です。先ずは通勤途中、その辺の道端の景色を。

iPhone①

iphone5_01s.jpg

Apple iPhone 5, 1/345, f/2.4, ISO50, Photo by eto

CX3①

cx3_01s.jpg

RICOH CX3 , 1/620, f/3.5, ISO80, -0.7EV, Photo by eto

RX1R①

DSC0013s.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/400, f/4.0, ISO100, Photo by eto

なんで錆びたドラム缶?というのはさておき、cx3、iphoneに負けてませんか?いつの間にそんなことに。。まあ明確に比較してなかったから知らなかっただけ、と言えばそうなのですが。。


次も道端の景色を。


iPhone②

iphone5_11s.jpg

Apple iPhone 5, 1/319, f/2.4, ISO50, Photo by eto

iphone5_11up.jpg

Apple iPhone 5, 1/319, f/2.4, ISO50, Photo by eto

[*Actual Size]

CX3②

cx3_11s.jpg

RICOH CX3 , 1/440, f/3.5, ISO80, -0.7EV, Photo by eto

cx3_11up.jpg

RICOH CX3 , 1/440, f/3.5, ISO80, -0.7EV, Photo by eto

[*Actual Size]

RX1R②

DSC0154s.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/200, f/4.5, ISO100, Photo by eto

DSC0154up.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/200, f/4.5, ISO100, Photo by eto

[*Actual Size]

緑が綺麗ですね。


続いて夕方。ちょっと薄暗くなってきた頃。職場近くにある池のほとりにて、愛車のRNC7 EQUIPEを。

iPhone③

iphone5_04s.jpg

Apple iPhone 5, 1/24, f/2.4, ISO50, Photo by eto

CX3③

cx3_04s.jpg

RICOH CX3 , 1/55, f/3.5, ISO80, -0.7EV, Photo by eto

RX1R③

DSC0017s.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/125, f/2.0, ISO100, Photo by eto

RX1Rは解像感があるのはもちろんなのですが、背景をぼかせるのが強みですね。それで相対的に被写体がグッと際立って見えます。


続いてはマクロ撮影。雨上がり、道端のつつじ。

iPhone④

iphone5_05s.jpg

Apple iPhone 5, 1/1153, f/2.4, ISO50, Photo by eto

iphone5_05up.jpg

Apple iPhone 5, 1/1153, f/2.4, ISO50, Photo by eto

[*Actual Size]

CX3④

cx3_05s.jpg

RICOH CX3 , 1/380, f/7.4, ISO80, -0.7EV, Photo by eto

cx3_05up.jpg

RICOH CX3 , 1/380, f/7.4, ISO80, -0.7EV, Photo by eto

[*Actual Size]

RX1R④

DSC0016s.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/320, f/8.0, ISO100, Photo by eto

DSC0016up.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/320, f/8.0, ISO100, Photo by eto

[*Actual Size]

どれも良く写ってますね。花も雫も。


ちょっとRX1Rを実寸(6000px × 4000px)で見てみましょう。

RX1R 実寸表示

まとめ

条件が揃えば、iPhoneでも勝負になるくらいの画を叩き出せるんですね。ちょっとビックリしました。CX3の立場が・・・。

先ほども言いましたが、RX1R、抜群の解像感は当然として、背景をぼかせるのがやはり大きな強みですね。それによって差が出て主役がキリッとしますからね。


、、と、ここで重大な事に気付きました。CX3、露出補正が全て-0.7EVになっていますね。CX3に露出補正なんて機能が付いていたことも知りませんでしたが、なんと、どうやらずっと-0.7EVで使っていたようです!いつからかは不明ですが、まあ確かにCX3の写真はずっと暗かったような気がします。RX1Rを買う前はこのカメラがずっと主役だったわけで、なんとも切ないです。


そんな悲しい出来事もありましたが、まあでも比較して良かったです。EVを0に戻して近々第2弾やろうかと思います。



追伸


露出補正絡みでもう一つ。iPhoneでも露出補正ができるって知ってましたか?

撮影時に画面上の明るい部分をタッチするとマイナス補正、明るい部分をタッチするとプラス補正になるんですね。つい最近知りました。

うーん、これは使えそう。


で、実際にやってみました。確かに補正されてます。画面上でもタッチして補正されたのがわかりますし、もちろん写した画もちゃんと補正されています。


む? ここで一つ気付きましたが、JPEGのExifには露出補正の値として出ないですね。まあ些細なことですけど、なんか気持ち悪いですね。

Exifを解析すれば、もしかしたらどこかに値が入ってるかもしれないので、ちょっとまた今度見てみます。



Pocket

関連する記事 - Related Post

ステンドグラス職人になる方法

はじめに 「夢を持ってはだめ」 私が初めてステンドグラスを作ったのは、東京の都心にある、とある個人の方の工房でした。その頃、色々あって急にステンドに強い興味を持ち、当時荻窪に住んでいた私はネットで近くのステンド...…
続きを読む

【ステンドグラス探訪76】青淵文庫

青淵文庫 晩香廬と同じ敷地内、すぐ隣あるのがこの青淵文庫(せいえんぶんこ)だ。青淵とは渋沢栄一の雅号からきており、文庫は書庫を意味する。晩香廬もそうだが、ネーミングセンスが秀逸だ。 ちなみに、晩...…
続きを読む

ケイムで組むランプシェード2【その4】【完成】

全面ハンダ - The entire surface of the solder 組みと表の接点のみのハンダが終わった段階です。 カタチとしてはもう出来ているのですが、ここから歪みの...…
続きを読む

パンクしないタイヤ、TANNUS(タンナス)が凄い件

個人的自転車事情 - パンクさえなければ・・ 基本的に、通勤も含めて都内の移動はほぼロードバイクです。 単に自転車が好きってのもありますが、都内、特に都心だと、自転車の方が電車より早いですし、目的地の目前まで行...…
続きを読む

BABYMETALという奇跡

    馴れ初め AndroidのCMに出てたのをテレビで見たのが最初の出会い。それは間違いない。はっきりと覚えている。時期ははっきりしないけど、多分1年か1年半くらい前。足を大きく上げるキャッチーなダ...…
続きを読む

 Comment

メールアドレスが公開されることはありません。