Image

iPhone5 × CX3 × RX1R 画質比較②

個人的な画質比較、第2弾です。

Apple iPhone5
現役スマホカメラ
RICOH CX3
先代のカメラ
SONY DSC-RX1R
新しく買ったカメラ

前回お伝えした通り、CX3の露出補正を0に戻しての撮影。 


さて、CX3の面目躍如なるか?

Pocket

cir_02s.jpg

室内

先ずは玄関先にあったお人形をパチリ。今回も、もちろん画像はすべてjpeg撮って出し(photoshop等での補正は一切なし)です。



iPhone①

iphone5_13s.jpg

Apple iPhone 5, 1/20, f/2.4, ISO200, Photo by eto

iphone5_13up.jpg

Apple iPhone 5, 1/20, f/2.4, ISO200, Photo by eto

[*Actual Size]

CX3①

cx3_13s.jpg

RICOH CX3 , 1/32, f/3.5, ISO673, Photo by eto

cx3_13up.jpg

RICOH CX3 , 1/32, f/3.5, ISO673, Photo by eto

[*Actual Size]

RX1R①

DSC0182s.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/8.0, ISO6400, Photo by eto

DSC0182up.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/8.0, ISO6400, Photo by eto

[*Actual Size]

不自然さのないナチュラルな画ですね、やっぱりRX1Rは。被写体に光が違和感なく溶け込んでいるのがわかります。

そして豊かな色調と違和感のないボケ味。言うことないです。


曇り空

続いてはその辺の道端の景色を。



iPhone②

iphone5_12s.jpg

Apple iPhone 5, 1/296, f/2.4, ISO50, Photo by eto

iphone5_12up.jpg

Apple iPhone 5, 1/296, f/2.4, ISO50, Photo by eto

[*Actual Size]

CX3②

cx3_12s.jpg

RICOH CX3 , 1/84, f/3.5, ISO80, Photo by eto

cx3_12up.jpg

RICOH CX3 , 1/84, f/3.5, ISO80, Photo by eto

[*Actual Size]

RX1R②

DSC0180s.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/400, f/3.2, ISO100, Photo by eto

DSC0180up.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/400, f/3.2, ISO100, Photo by eto

[*Actual Size]

露出補正を0に戻したCX3ですが、やっぱりちゃんと明るくなってますね。これが本当のCX3の画なのか。。やっと本来の実力を発揮できたのに、おそらく今日限りほぼ使うことはないと思います。。だってRX1Rがあるから。使う理由がないのです。


それにしてもRX1Rの画の綺麗なこと。度の良い眼鏡で見たような切れの良い画です。


紫陽花

マクロとは言わないまでも、比較的近接での撮影。



iPhone③

iphone5_14s.jpg

Apple iPhone 5, 1/272, f/2.4, ISO50, Photo by eto

iphone5_14up.jpg

Apple iPhone 5, 1/272, f/2.4, ISO50, Photo by eto

[*Actual Size]

CX3③

cx3_14s.jpg

RICOH CX3 , 1/153, f/3.5, ISO80, Photo by eto

cx3_14up.jpg

RICOH CX3 , 1/153, f/3.5, ISO80, Photo by eto

[*Actual Size]

RX1R③

DSC0183s.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/640, f/2.0, ISO100, Photo by eto

DSC0183up.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/640, f/2.0, ISO100, Photo by eto

[*Actual Size]

前回の花でもそうでしたが、こういう被写体・撮り方だと3つとも結構いい勝負しますね。解像感が結構でてます。

でも、カメラが違うと色味がこんなに違うんですね。



夕刻

日が沈んで、でもまだほんのり薄明るいころ。雨上がり。池のほとりにある、なんか良く見ると変な、金属の建造物。



iPhone④

iphone5_15s.jpg

Apple iPhone 5, 1/17, f/2.4, ISO400, Photo by eto

CX3④

cx3_15s.jpg

RICOH CX3 , 1/32, f/3.5, ISO872, Photo by eto

RX1R④

DSC0187s.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO6400, Photo by eto

完全に夜

街灯の光が眩しく愛車を照らす。



iPhone⑤

iphone5_16s.jpg

Apple iPhone 5, 1/15, f/2.4, ISO800, Photo by eto

iphone5_16up.jpg

Apple iPhone 5, 1/15, f/2.4, ISO800, Photo by eto

[*Actual Size]

CX3⑤

cx3_16s.jpg

RICOH CX3 , 1/15, f/3.5, ISO1600, Photo by eto

cx3_16up.jpg

RICOH CX3 , 1/15, f/3.5, ISO1600, Photo by eto

[*Actual Size]

RX1R⑤

DSC0188s.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/2.0, ISO3200, Photo by eto

DSC0188up.jpg

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/2.0, ISO3200, Photo by eto

[*Actual Size]

これは決定的に違いがでますね。光の量が少ないためカメラの性能の差がはっきり出たのでしょう。

でも、色味はiPhone5が一番近いですね。RX1Rは赤すぎます。




まとめ

まあ、RX1Rの写りが他と比べて良いと言うのはもちろんそうなのですが、他の2つも結構やりますね。


でもやはり、RX1Rの実力が相対的にわかったというのが、前回と今回の比較の一番の収穫ですね。



Pocket

関連する記事 - Related Post

ステンドグラス職人になる方法

はじめに 「夢を持ってはだめ」 私が初めてステンドグラスを作ったのは、東京の都心にある、とある個人の方の工房でした。その頃、色々あって急にステンドに強い興味を持ち、当時荻窪に住んでいた私はネットで近くのステンド...…
続きを読む

【ステンドグラス探訪76】青淵文庫

青淵文庫 晩香廬と同じ敷地内、すぐ隣あるのがこの青淵文庫(せいえんぶんこ)だ。青淵とは渋沢栄一の雅号からきており、文庫は書庫を意味する。晩香廬もそうだが、ネーミングセンスが秀逸だ。 ちなみに、晩...…
続きを読む

ケイムで組むランプシェード2【その4】【完成】

全面ハンダ - The entire surface of the solder 組みと表の接点のみのハンダが終わった段階です。 カタチとしてはもう出来ているのですが、ここから歪みの...…
続きを読む

パンクしないタイヤ、TANNUS(タンナス)が凄い件

個人的自転車事情 - パンクさえなければ・・ 基本的に、通勤も含めて都内の移動はほぼロードバイクです。 単に自転車が好きってのもありますが、都内、特に都心だと、自転車の方が電車より早いですし、目的地の目前まで行...…
続きを読む

BABYMETALという奇跡

    馴れ初め AndroidのCMに出てたのをテレビで見たのが最初の出会い。それは間違いない。はっきりと覚えている。時期ははっきりしないけど、多分1年か1年半くらい前。足を大きく上げるキャッチーなダ...…
続きを読む

 Comment

メールアドレスが公開されることはありません。