Image

LEGEND−S 洗礼の儀1日目【2017/12/2@広島グリーンアリーナ】

BABYMETALの広島公演1日目レポート。


チケットとれなかったので、大した内容書いてません...。

Pocket

Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/2.0, ISO200, 0.7EV, Photo by eto

先ずはチケットを

LEGEND-S、1次の当落発表の結果は、予想通り片方だけの当選。しかも2日目の方だけという結果になった。どうしても初日の方に行きたかったが、2次も駄目で、3次の先着順のやつは、惜しいところまでいった(申し込み画面遷移的に)と思うけれど、結局ダメだった。


1次と2次は、まあ単純に運だから諦めがつくとして、3次がちょっと悔やまれる。


申し込み時間の少し前からほぼサイトに繋がらなかったけれど、それで焦って、スマホから試してみたり何だりとバタついてしまい、精彩を欠いた。


申し込み画面の、申込日と人数を入力して、ランダムな数字を入力するところまでは5回くらい行ったのだが、その次へ行けなかった。申し込み開始から1分くらいで1回、10分後~20分後くらいで4回、そこまでいった。


愚直に同じ画面で同じ作業を機械的に繰り返していれば、もっと可能性は高かったのかもしれない。今後の教訓にしよう。


<先着順のチケットをとるための、個人的備忘メモ>

・「ただいまアクセスが集中し、つながりにくい状態です。」の画面を更新してもダメ。戻る&再クリックが必要。メッセージ画面はメッセージだけの別画面へ遷移しているだけなのでそこを更新しても意味なし。

・1つの端末・ブラウザで、1つのタブの中で機械的に高速で戻る・クリックを繰り返す。今回は①THE ONEページ⇒②ぴあ受付ページ⇒③申込ページの順に進み、③がほぼ繋がらなかった。②と③をひたすら往復すべし。

・1分くらいで一旦売り切れるが、20分過ぎくらいまではチャンスがある。


予想していたLVはなかった。チケット代が2万という特別なライブだから、LVはやらなかったのだろう。確かに、5千円のLVを東京でやったら、わざわざ広島まで行く人の反感を大いに買いそうだ。


それにしても、今回のような特別な公演の2daysだと、初日でほぼネタバレするだろうから、2日目はサプライズ感がなくなる。是が非でも初日に行きたかった。本当に残念で仕方がない...。参拝券って言うくらいだから、SU-METALは神になるのだろう。その姿を、ネタバレした 2日目ではなく、どうしても初日に見たかった。でも仕方がない。人生の大部分は運に支配されているのだから...。





いざ、広島へ

さて、2日目だけ日帰り(新幹線の往復だけで8時間!?)は流石に空しいので、予定通り12/2に広島へ入って一泊し、12/3のライブ後に速攻で東京へ帰ることにした。


初日は急ぐ必要もないので、11時過ぎに家を出て、東京駅から新幹線に乗る。広島までは4時間程だ。名古屋や大阪までならたかが知れているけれど、流石に広島までは長い。ただ、うんざりする、と言う程でもない距離。中本すず香もさくら学院時代の初期にはこうやって新幹線で通っていたのか...、などと物思いに拭けったりスマホを弄っていれば、退屈はしない。コンセントもWiFiもあることだし。


乗車して少しすると、今日の公演のグッズ情報がメールで来た。何々... BIG TEE、KIDS TEE、BAG、NOTE...、グッズにはあまり興味はないが、何だろうね、このラインナップ。ここぞとばかりにTシャツやら何やらを聖誕祭グッズとして売れば、飛ぶように売れるはずなのにね。今回は全く商売っ気がないように見える。


暇なんでTwitterを見ていたら、3種の神器の正体が早くも判明してしまった。えぇと、ローブ?みたいなのと、マスクと、ペンダント...。明日はこれを着て入れば良いのね。ドームのTHE ONE特典が首輪に柄が入るだけというものだった頃から、もう何が来ても特に何も驚かない...。


そんなこんなでまったりしていたら、岡山あたりで一通の超衝撃的なラインが。


YUIMETALが病欠で、2日間ともSU-METALとMOAMETALの2人だけでやるという...orz。


ありゃ~、ゆいメタ大丈夫かー、風邪とかならまだ良いけれど、巨大キツネで元気が全くなかった流れ的に、他の理由?が脳裏をよぎってしまう。本当に良くなって欲しいという思いは強いが、そんな簡単に良くなるものじゃないかもしれない。2年前の激ヤセも、10月~12月に掛けて別人のように変わってしまった。今回も同じ時期。なんか季節的なものなのかな~などと、色々と考えてしまうが、真相は分かりようもない。今は調子を崩しているかもしれなけれど、ベビメタの要がYUIMETALなのは間違いない訳で...軽く放心状態に。。。


その一方で、2人でどうやってやるの?やれるの?という興味を強く持ったのも事実。ワクワクが止まらなかった。冷静に考えると、YUIMETALの病欠は超大事件。今までで2人だけでやったのは武道館初日のヘドバンギャー後半だけなんだから。


うぅ~、チケットがなくて入れないがここまで悔しい日もない。この時点で前例のないことが起こるのは確実であり、変な失敗をしない限りは、ライブは大盛り上がりでほぼ大成功間違いなしと言えるのだから。


YUIMETALがいないのに大盛り上がりと言うのは不謹慎ではあるが、ここのところのBABYMETALはずっと予定調和だったので、余程の事がない限りは、そりゃ盛り上がるだろうと。メイトのドキドキはずっと止まらんでしょ、そりゃさ。4の歌をMOAMETALが一人でやっても声援が凄いだろうし、SU-METALとやったらそりゃ当然盛り上がるに決まってるし...。






...と、急過ぎる話に心を乱されていたら、あっと言う間に広島駅へ到着。おぉ~広島ってこんな感じの街なんだ...。駅前にビックカメラがある。とりあえず地図を見て原爆ドーム方面へ向かう。

image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO320, Photo by eto

駅前は路面バスが走っていて、横断歩道がなかった。


ウロウロと横断歩道を探しつつ、良く分からないままスマホの地図を頼りに歩き続けると、結構時間が掛かったが、原爆ドームへ到着。周りは流石にもうメイトだらけ。原爆ドームは、想像以上に当時のままであろう生々しさがあって、意外にも細かな意匠が格好良い建物だった。


そこから、広島グリーンアリーナとは反対側の位置にある宿へ歩いて行き、チェックインを済ませて荷物を置き、広島グリーンアリーナへ向かう。開演まで時間があるので、繁華街へ寄って遅めの昼食をとる。





チケットはないけれど

初日は、一度やってみたかった、建物の外からの音漏れ鑑賞を決行することに。周辺は早くもメイトの大群で溢れ返っていた。いつもと違うのは、皆が3種の神器を纏っているということ。前の建物がジムになっていて、トレーニングをしながら、いつもとは違う光景にやや驚いたような表情をする地元の方々。


image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO3200, 0.3EV, Photo by eto

そして入り口の前には大きな張り紙が。


開演予定時間の19時は、もうとうに過ぎている。どうやら開演時間がおしているようだ。まあ、慣れない地方の会場な上に、YUIMETALがいないとなると、まあそうだろうな、という感じ。これは仕方がない。


広島グリーンアリーナと言っても、地方の一体育館に過ぎないので、会場はシンプルな作りになっていて、開演前は建物の外から会場の中が見える状況。外壁がガラス張りになっていて、入って直ぐがもう会場なのだ。小さなアリーナなので、建物の周りを容易に一周することができた。


30分くらい過ぎて、どうやらライブが始まった模様。


どこの場所が良く聞こえるのか分からないので、周辺をウロウロする。外からスタッフの方がモニターチェックをしているのや、エキストラらしき人達が大勢通って行くのが、ガラス越しに良く見える。


初めての音漏れ体験なので他の会場との比較はできないが、結構良く聞こえた。特にSU-METALの声だけは、尋常じゃないくらいに突き抜けてきていて、漏れまくっていた。ぁあ、紅月が聞こえる...今日のSU-METALは、音漏れの音でも絶好調なのがわかるくらいだった。


暫くして、丁度小さなモニターを見てたら、MOAMETALがGJを一人で踊ってるのが...。画面は小さいが、画面いっぱいにずっとMOAMETALが映っている...マジか...。普通にYUIMETAL抜きで一人でやってるのか...これには流石にグッときた。細かいところは当然見えないが、遠くにある小さなモニターでも、立派に堂々と一人でやってるのが伝わってくる...。YUIMETALと二人でやるときも、一人でやっても成り立つくらいの気持ちで、普段からやっていたのかもしれない。それくらいの感じだった。十分に見栄えがした。


image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO4000, 0.3EV, Photo by eto

入り口周辺には、チケットを持たないメイト達が群がっている。建物の周りや遠巻きに見ているのも含めると、200~300人くらいはいただろうか。


自分も含めて、皆同じような顔をしている...(ぁぁ~見たかった~ 畜生!畜生!畜生~!)。心の叫びが聞こえてきそうだ。


途中、でっかい楽器を持った人が中の通路を通ったり何だりで、何かとてつもない事が起こってるんだろうな~とは容易に想像できた。


途中からは、ガラス張りの壁に耳を密着させて、音に集中して聞いていた。シンコぺ、メタ太郎、ノーレイン、ROR、ヘドバンギャ、...とにかくSU-METALの声が突出して良く聞こえる。


1時間半くらい経って、大きな爆竹の音が。終わったか...。あれ?、でも、誰も出てこない。暫くして、THE ONEが聞こえてくる。そしてまた爆竹。終わったか。いつもと違い、結構長かった。


広島の街へ散ってゆくメイトの大群に紛れて、会場を後にする。この時間だと結構冷える。上着を宿へ置いてきてしまった...。





とりあえず一泊

さてさて、時間はまだ21時半くらい。夜は長い。明日は終わったら直ぐに帰らないといけないので、広島の夜を味わうのは今日しかない。有り余った体力を発散するかのように、空腹感が出てくるまで広島の街をブラついた。

image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO3200, 0.3EV, Photo by eto

2時間くらい歩き回って夜の観光をしてたどり着いたのが、繁華街の中にある某チェーン系の居酒屋。ベビメタ終わりはチープな居酒屋がしっくりくる。東京と違って、繁華街から少し離れると、もう全く飲めるようなところはなかった。少なくとも、自分が泊まる宿の周辺には一切なかった。


今思えば、折角広島まで来たのだから、お好み焼きやらカキ食べ放題やらへ行っても良かったようなものだが...。


早速、スマホで今日のライブのスレッドをチェック。


ん~絶賛の嵐...、まあそうだろうな...。建物の外からでも今日のライブが特別だった事が良く分かったし、SU-METAL絶好調だし、MOAMETAL頑張ってたし、あんだけエキストラが出るくらいだから演出も凄かったんだろうし...。


寒さに凍えながら、ほろ酔いで宿へ帰る。


image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO3200, Photo by eto

本日の宿。ドミトリータイプ、素泊まり+簡単な朝食(トースト・紅茶)付きで2,400円也。


男女混合なのだけれど、カーテンが付いていてプライバシーは守られている。


すれ違う人の感じからして、8割方メイトだろうと思われる。皆律儀にベビメタTなりパーカーなりをを着ているのですぐに分かる。残りの2割は、普通にバックパッカー風の外人さんやビジネスマン風の人など。


image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO1250, Photo by eto

横穴式でカプセルホテルのようになっていて、中はこんな感じ。悪くない悪くない。


写真は寝床だけだが、共用部もシャワーも広くて綺麗でかなり快適だった。大阪もドミトリーだったけれど、もう一人で遊びに行くのだったら、ホテルにわざわざ泊まる意味が見出せない、くらいの快適さだ。





今日のライブの情報を一切入れずに明日に臨む、という案も考えたけれど、音漏れ鑑賞をしたかったので、今回はやめておいた。さて、吉と出るか凶と出るか...。


おかげで明日は大したサプライズはなさそうだけれど、まあ仕方ない。多少のセトリ変更位はあるだろうし、何らかの告知もきっとあるだろう。過度の期待は、裏切られたときに辛い。それはもう十分に分かっているつもりなのだけれど...、とりあえず明日が楽しみだ。


=>2日目へ続く。




Pocket

関連する記事 - Related Post

巨大キツネ祭り大阪城ホール2日目【BABYMETAL】

夕方のライブまで何するの 9時起床。そこそこ寝れた気がする。暑かった...…
続きを読む

巨大キツネ祭り大阪城ホール1日目【BABYMETAL】

いざ、大阪へ SSAからあっと言う間。もう今日は大阪城ホールの日...…
続きを読む

巨大キツネ祭りSSA【BABYMETAL】

まさか!?の当日券 結局は全ての抽選に外れた、巨大キツネ祭りSSA。それでも...…
続きを読む

BABYMETALという奇跡

    馴れ初め AndroidのCMに出てたのをテレビで見たのが最初の出会い。それは間違いない。はっきりと覚えている。時期ははっきりしないけど、多分1年か1年半くらい前。足を大きく上げるキャッチーなダ...…
続きを読む

 Comment

メールアドレスが公開されることはありません。