Image

自己愛性パーソナリティ障害

以前、何回かサイコパス(反社会性パーソナリティ障害)の話をしたが、今回は類似の自己愛性パーソナリティ障害について。


明らかにそれらしい人に会ったことがあるので、その性質や実体験、対処法などをまとめてみようかと。

Pocket

Image

SONY DSC-RX1R , 1/2000, f/2.0, ISO100, Photo by eto

自己愛性パーソナリティ障害とは

自己愛性パーソナリティ障害(じこあいせいパーソナリティしょうがい、英: Narcissistic personality disorder ; NPD)とは、ありのままの自分を愛することができず、自分は優れていて素晴らしく特別で偉大な存在でなければならないと思い込むパーソナリティ障害の一類型である。


<自己愛性パーソナリティ障害の症状>

・人より優れていると信じている

・権力、成功、自己の魅力について空想を巡らす

・業績や才能を誇張する

・絶え間ない賛美と称賛を期待する

・自分は特別であると信じており、その信念に従って行動する

・人の感情や感覚を認識しそこなう

・人が自分のアイデアや計画に従うことを期待する

・人を利用する

・劣っていると感じた人々に高慢な態度をとる

・嫉妬されていると思い込む

・他人を嫉妬する

・多くの人間関係においてトラブルが見られる

・非現実的な目標を定める

・容易に傷つき、拒否されたと感じる

・脆く崩れやすい自尊心を抱えている

・感傷的にならず、冷淡な人物であるように見える


平たく言うと、劣等感が強すぎて、それを隠し補うために、自分が優れているはずだと思い込んだり、他人を見下したり攻撃したりする、厄介な障害である。


それでもまだ分かり辛いと思うが、兎に角そんな人間がいるのだ。自分は相対したことがあるので間違いない。もう少し特徴を補足してみよう。

  • 視野が極端に狭い。そのため、自分のことしか考えられない。他人の気持ちの部分まで辿り着かない。
  • 自分が間違ってると言う発想がない
  • 自分を棚に上げる。自分を客観的に見る能力が欠落している。
  • 自分に対する批判や否定をロジカルに処理することができず、自己を正当化するために、他者を蔑み軽んじる。
  • 「人それぞれ」という発想がなく、自分の価値観しか分らない。

ただ、勿論個人差があり、全てが当てはまるとは限らない。

Image

SONY DSC-RX1R , 1/2000, f/2.0, ISO100, Photo by unknown




自己愛性パーソナリティ障害らしき人が職場に居た件

時期や場所は伏せるが、自己愛性パーソナリティ障害”らしき”人物に会ったことがある。会ったと言うか、同じ職場で、一緒に働いていたのだ。それもごく近い関係で(ここではその人物をAとする)。


初めは、Aがそんな人間だとは思いもしなかった。それどころか、当初は「真面目で正義感が強い」「よく気が利く」といったプラスの印象を、Aに対して持っていた。


しかし、日が経つにつれ、あれ?なんかおかしいな、と思う言動が目に付き出した。


先ず、情緒が非常に不安定なのだ。ある日は機嫌が良く饒舌かと思えば、またある日は朝から機嫌が悪く、ふてくされたような態度。あ~なんか接するだけで面倒くさい、エネルギーを奪われるような種類の人間。でも仕事であるから、Aのような、プライベートでは決して関わらないような人間とも、出来るだけ平常心で何とか仕事を進めていく必要がある。


毎日がそんな状況であるから、自然とAの顔色を窺うような日々になっていき、日々ボディーブローのようにストレスを感じるようになっていった。


自分の性格なのか、SE時代の上司の影響なのか、何事にも、なぜ?なぜ?どうして?何のために?、とつい考えてしまう癖がある。そんな感じで自然にAを観察し、なぜそんなに情緒が不安定なのか、何がそうさせるのかを、考察し始めた。


すると、まず最初に気付いたことがある。何か、Aに対する「批判」や「否定」、「反対意見」、Aの思い通りにならないことが起こると、それを起点にして激しく落ち込んだり、攻撃的な性格が顔を出したりするのだ。逆に、褒められたりおだてられたりすると、急に元気になったり張り切り出したりする。


また、何事に対しても視野が異常に狭く、それ故に自分ことしか考えられず、他者への共感や思いやりの気持ちを持てない。どうやらそれが、全ての言動のベースにあるようなのだ。具体的には、以下のような状況が発生する。


  • 相手の行動が正しいか否か、ではなく、自分の言った通りに動いたかどうかで、人を判断する。
  • 人が、自分のアイデアや計画に従うことを過度に期待する。
  • 他人の些細な過ちや、欠点を許容できず、自分の思うとおりにならないとイライラする。
  • 自分が常に正しいと思っているため、話し合いが成り立ち辛い。



そして、最も厄介だったのが、表の顔と裏の顔があるということだ。自身が不安定な状況になると、特定の人物にターゲットを絞り、悪魔のような顔を見せる。


私もターゲットになったことがあり、その時は、上司や上役へのイエスマンっぷりとはまるで逆の言動が現れた。


  • 執拗に相手の言動に難癖を付け、否定的な事を言い続ける。
  • 過度の揚げ足取り。
  • 見下すような、蔑むような態度。罵倒。
  • 支離滅裂な理屈や、過去の出来事を捻じ曲げた嘘の押し付け。

Aも、大勢の人の前ではこれらの言動が決して通じないことを分かっているのだろう。1対1の場面でしか、そのような顔を見せることは決してなかった。


あまりにも躊躇のない言動に、こちらもパニックになって自分が間違っているのでは?と錯覚してしまうほどであり、その気持ち悪さに、身の毛がよだった。増してや、その職場の一角では、周りは凶器にもなり得る金属やガラスの山。身の危険を感じたものだ。


1対1の場面であり、あまりにも低レベルなやり取りであるため、普通の人は、それを周りに相談することも容易ではないだろう。たとえそれがどんなにストレスになっていようとも。先ず相談しても信じてもらえるかどうかが微妙であるし、傍から見れば些細な言い争いに過ぎない、と映るかもしれない。場合によってはこちらに非があると捉えれることも考えれる。そうなったら気分は最悪だ。


私の場合は、Aと初めて会い、同じ職場で仕事をするようになってから約1年後に、社内の配置換えで2人きりで仕事をする場面が発生するようになり、ターゲットのような感じになった。そして配置換えの3日後、Aが自己愛性パーソナリティ障害ではないかと疑い出した。


以前にこのブログでも紹介したが、過去に反社会性パーソナリティ障害の人物に会ったことがあるため、その辺りのアンテナが鋭く立っている私なので、直ぐにそこにたどり着いたのだ。


Webなどで調べてみると、フムフム・・・、まぁほぼ自己愛。素人判断は良くないと思いつつも、まあ見事に自己愛あるあるに合致していた。


その数日後、上司に状況を説明し、Aとできるだけ密に仕事をすることが無いよう配慮してもらい、さしあたり最悪の環境は回避できた。


自分にとって幸いだったのは、以前職場にいたBさんが、Aが原因で辞めた、という事実を知っていた点だ。Bさんは、2年以上も一緒にAと密に仕事をしており、Aから受けるストレスが原因で、4か月前に会社を辞めていた。辞めた当時は、具体的にどんなストレスなのかは把握していなかったが、まあ相当なものだったことは、当時のBさんの憔悴っぷりから感じ取ってはいた。今ではBさんの気持ちが痛いほど良く分かる。


相談した上司にも、Bさんから当時の状況を細かく説明してもらい、加えて私の状況も説明し、十分に理解は得られた。Bさんの証言がなかったら上司の理解や信憑性も半分以下だったと思われ、その点はBさんという存在が非常に有り難かった。私は運が良かったのだ。


その他にも、Aには以下のような特徴・言動があった。

  • 協調性のなさから、深く仕事に関わる人とは、誰とでも上手くいかない。
  • 白か黒かで物事を考えがち。グレーがない。間をとれない。
  • 自分が有利になるように、他社を利用してでも、無理やりコントロールする。
  • ひたすら近くの人間に不信感を持つ。猜疑心の塊。
  • 誰とでも競い合おうとする、ライバル視する。嫉妬深い。
  • 上辺では好印象に見られがちだが、よく観察するとただ自己中で我慢が出来ない幼稚な人間。
  • 過去の記憶が良く違ってる。自分の都合の良いように記憶を書き換えているような節がある。別の見方をすると、ただの嘘つき。そして、直ぐに言った言わないの話になる。論点が直ぐずれる。
  • ちょっとした仕事上の会話の中でも、否定されると感情的になってワーワーと訳の分からないことをいう事があり、仕事にならない。
  • 被害妄想癖がある。物事を悪い方に考え、自分で自分を不安にすることが多い。
  • 粘着質でしつくこく、些細な事でも根に持つ。




対処と心の持ち様

ハッキリ言って、自己愛性パーソナリティ障害の人間は、性格が悪い、子供っぽいというレベルではなく、悪人だ。サイコパスよりは幾らか増しではあるが、悪人には違いない。


このような人間が生まれる・出来上がる原因ははっきりとはしていないようだが、生まれつきの先天的な性格と、後天的な育った環境の両方が関係しているのは想像に難くない。


さて、このような人間に出合い、被害を受けたらどう対処したら良いのか。


先ずは、このような種類の人間が実在する、という事を認識するのが第一だ。自己愛性パーソナリティ障害でググれば、情報は幾らでも拾える。自分が参考にしたページを幾つか載せておこう。


モラハラ・自己愛性人格障害まとめ
自己愛性人格障害の目的と行動理由、対策方法とは?
自己愛性人格障害ガイド
自己愛性人額障害まとめ
自己愛性人格障害 でこぽんの法則
自己愛性パーソナリティ障害 接し方

そして次に、理解者、同じような被害に合っている人を探して、相談してみよう。決して一人で考え込まないで。。人格障害というのは、社会ではタブー視されているので、中々大っぴらに語ること、理解されることが難しいのだけれど、同じ被害に合っている人になら、きっと分かってもらえる筈だ。


相手が悪人だと頭では分かっていても、健全な人間は完全に非情にはなれないもの。相手のちょっとした優しさなどに、つい感情移入して引き込まれてしまうこともあるが、そこは冷静になり、客観的に過去に受けた仕打ちを思い出してみよう。


できるだけ一時の感情に流されず、冷静に対処すれば、最悪の事態は避けられず筈だ。


基本的には自己愛は治らないようなので、相手を排除するか、自分が身を引くかの2択を迫られると思うが、運が悪かったのだと割り切って、どちらかを実行に移すしかないと思う。


これが、相手との関わりを一切なくす場合の、自分が考えた結論だ。


ちなみに私は、仕事上の関わりが殆どなくなっても、同じ職場に居るという事だけで、視界に入るだけで苦痛であったため、その職場を退職する決断をした(それ以外にも退職した理由はあるが)。


深手にならないように、早々に適切な対処をすることが大事だ。深手を負うと、こちらの人生が台無しになってしまうくらい、自己愛の人間は厄介だと断言できる。

Image

SONY DSC-RX1R , 1/1000, f/2.0, ISO100, Photo by unknown

最後に

職場などで、どうしても周りの人々と上手くやれない人がいる。上司も部下も、口を揃えて「あいつはちょっと・・」と言う。そんな人がいる。


人間なのだから、ウマが合わない人がいるのは普通であり、性格が悪い人も少なくはない。ただ、誰と組んでも上手くいかないのならば、もうそれは協調性がないなんて言葉では処理できない、病気・障害と考えて良いと思う。あまり使いたい言葉ではないが。。


ただでさえ大変な人間関係にこのようなモンスターが登場すると、本当にエネルギーの消耗が半端ない。早々に対処して次のステップに進むのが得策だ。



Pocket

関連する記事 - Related Post

BABYMETALという奇跡

    馴れ初め AndroidのCMに出てたのをテレビで見たのが最初の出会い。それは間違いない。はっきりと覚えている。時期ははっきりしないけど、多分1年か1年半くらい前。足を大きく上げるキャッチーなダ...…
続きを読む

ステンドグラス職人になる方法

はじめに 「夢を持ってはだめ」 私が初めてステンドグラスを作ったのは、東京の都心にある、とある個人の方の工房でした。その頃、色々あって急にステンドに強い興味を持ち、当時荻窪に住んでいた私はネットで近くのステンド...…
続きを読む

パンクしないタイヤ、TANNUS(タンナス)が凄い件

個人的自転車事情 - パンクさえなければ・・ 基本的に、通勤も含めて都内の移動はほぼロードバイクです。 単に自転車が好きってのもありますが、都内、特に都心だと、自転車の方が電車より早いですし、目的地の目前まで行...…
続きを読む

コミュニケーションと会話、心理的安全性

はじめに 先日、勤め先の社長が、全体会議の場で円滑な人間関係を築くためにはどうしたら良いかと皆に問いかけた。 ・・・確かに、人間関係が円滑にいっているとは言い難い職場だ。 ただ、そんな職場でそんな問いかけ...…
続きを読む

 Comment

メールアドレスが公開されることはありません。