Image

Cyber-shot DSC-RX1R 1周年レビュー

RX1Rを使い始めて早1年。1年間使ってみた上でのレビューです。1万5000枚くらい撮りました。一切の故障もなく、今日も元気に動いてます。


今でもこれに比類するコンデジは出てないですよね。絶賛無双中だと思います。価格も高値で安定しているようですし。


各項目に分けて詳しくレビューします。


Pocket

Image

SONY DSC-RX1R, 1/1000, f/2.0, ISO100, Photo by eto


デザイン

オシャレ過ぎず、ダサ過ぎない。

バランスがとれていて、飽きのこない丁度良い感じのデザインです。スタイリッシュというよりは、どちらかと言うと垢抜けない、愛着がもてるデザインで末永く使っていきたいと思わせます。オリジナルで十分格好良いですが、アクセサリでそれをより引き立てられたりもします。


ずっしりと重厚な感じも良いですよね。中身が詰まってる感が半端ないです。まあ事実ちょっと重いんですが...。RX1Rの最後の「R」がまたアクセントが効いてて格好良いんです。

街に溶け込む素敵なデザインです。


Image

SONY DSC-RX1R, 1/1000, f/2.0, ISO100, Photo by eto


画質

抜群に良いと言わざるを得ないですね。自分はカメラにあまり詳しくない人間なので、他と比べてどう、と言うのははっきり言えません。しかし、それでもなお、この評価です。


単焦点レンズ装備のフルサイズ一眼と比べても遜色ないどころか、勝ってるかも知れないレベルです。そして驚きの解像感と切れの良さ、ボケ味の妙。たまに実物より綺麗でハッとすることがあります。JPEGでも十分綺麗ですが、RAWからの現像で更に別次元の作品に昇華します。なお、ここに載せてる画はすべてRAW現像済みのものです。


ちなみに、動画もビックリするほど高画質です。これもまた比較対象がないですが、単純に見て「うわっ」と声が出ちゃうレベルの綺麗さです。(動画)←撮影技術不足なのはお許し下さい...


Image

SONY DSC-RX1R, 1/250, f/5.6, ISO100, -0.3EV, Photo by eto

名古屋市 布池協会 (⇒フルサイズ画像) 


Image

SONY DSC-RX1R, 1/250, f/5.6, ISO100, -0.3EV, Photo by eto

上画像の実寸表示①


Image

SONY DSC-RX1R, 1/250, f/5.6, ISO100, -0.3EV, Photo by eto

上画像の実寸表示②


RX1R 1周年フォトギャラリー


操作性

普通に使う限りでは問題にするほどの不自由さはないですね。オートフォーカス・絞り優先での使い方がメインで、特殊な使い方はほとんどしてないので、あまり細かいことは言えません。


まあ若干重量が重いと言えば重いですが、一眼程じゃないし、片手で何とか使えるレベルです。オートフォーカスの速度も特に遅く感じません。


ただ、強いて言えば、露出補正ダイヤルが勝手に良く動いて、それに気付かず撮って失敗することぐらいでしょうか。フォーカスモードダイヤルやマクロ切り替えリングでもたまにやります。


あと、オプションのサムグリップを付けているのですが、これがちょっと外れやすいのが困りものですね。一応ロック機構が付いてはいますが、良く外れます。定価で2万もするシロモノなんですけどね。。絶対いつか無くすと思います。。

Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO100, Photo by eto



バッテリー

付属のものだけでは全く心もとないです。

普段使いには良いですが、がっつり撮影に出かけるとなると、使い方にもよりますが3、4時間で切れちゃいます。一日は持ちません。


ただ、以前も別記事でご紹介しましたが、替えを用意しておけば済む話です。つまり、問題ありません。SONY純正でなければ安く買えますし。


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO200, Photo by eto



携帯性

言わずもがな。一眼とは別次元、抜群の携帯性、機動性。常にカバンにいれて持ち歩けるギリギリの大きさじゃないでしょうか。これは大きなメリットです。首から下げててもそんなに重くないですし。


正に、ONE HAND, FULL SIZE, IN THE BAG, ALWAYS. です。


スマホのカメラがこれだけ高性能化している昨今、スマホとそれほど性能の変わらない中途半端なコンデジを買うくらいなら、このRX1Rのように2ランク3ランク上の高級高性能なものを買った方が断然良いですよね。


おまけに、小さいから向けられた人に威圧感を与えることもありません。使う側が周りの目を気にすることもない。大げさじゃない感じが良いです。さりげなく撮ってるのに、実は凄い画が撮れてる、というギャップを楽しめます。一眼のサブ機として買った末、メインに昇格したという人が多いのも頷けます。


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/4.0, ISO160, Photo by eto



機能性

基本的な機能しか使っていない気がしていますが、大きな不足は感じませんね。ズームがなくて困ることもあまりないですし、ローパスフィルターレスの弊害も感じません。


手振れ補正の問題について。結構手振れはするので、付いててくれればより良かったかもしれませんが、どうなのでしょうね。手振れを防ぐために同じのを何枚か撮れば良いので、まあいいか、と個人的には納得してます。こんなものなのかなと。場合によっては三脚を利用しても良いですよね。


あとは、素人な意見としては、ファイル名の付番が9999までで、そこまでいくとまたゼロにリセットされるのが、ちょっとキツイですね。勘弁してほしいです。ファイル名がPC上でダブるので、うっかり古いのを上書きで消してしまうことがあります。これは他のカメラでも起きる事の様なので諦めていますが。PC上でソフトを使ってその都度ファイル名を一括変換してます。


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/4.0, ISO500, Photo by eto



液晶

大きさや映りは問題ありません。十分綺麗です。


ただ、チルトがあれば良かったなー、とは激しく思います。これがあれば完璧だったのに。チルトは、RX100に付いてる、液晶が傾く機能のことです。これがあれば煽りの撮影に抜群に威力を発揮しますから。RX2に期待ですね。


Image

SONY DSC-RX1R, 1/320, f/5.6, ISO100, Photo by eto



ホールド感

悪くありません。自分はサムグリップ使用で更にアップさせています。が、ホールド感を求めるだけなら、正直2万出してまで買う必要はないと思います。自分は、ホールド感アップに加え、他の非正規品のグリップに比べて見た目が格好良いので買いました。


小さくて手に収まるサイズのカメラなので、楽な気持ちでしっかり握り、しっかり構えて撮れば、ちゃんと爆高画質を叩き出してくれます。


Image

SONY DSC-RX1R, 1/1000, f/3.2, ISO100, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO250, Photo by eto






総評

確かに高い買い物です。アクセサリも入れれば、30万円に迫る値段です。


ただ、1年間使ってみて、価格以上の満足感を得られた実感は十二分にありますね。と言うか、お買い得だったな、とさえ思います。所有する喜びを感じますし、他のカメラのことが一切気にならないです。


一生これで良いと錯覚してしまうレベルの驚愕の画質もさることながら、どこに行くにも常に一緒、サッと取り出してパシャリと一枚(一眼レフと違って無音ですが..)。自分の代わりに画を記録してくれる可愛い分身を手に入れたような愛着、そして絆を感じます。


これからもずっと一緒に。人生は続く。




Pocket

関連する記事 - Related Post

ステンドグラス職人になる方法

はじめに 「夢を持ってはだめ」 私が初めてステンドグラスを作ったのは、東京の都心にある、とある個人の方の工房でした。その頃、色々あって急にステンドに強い興味を持ち、当時荻窪に住んでいた私はネットで近くのステンド...…
続きを読む

【ステンドグラス探訪76】青淵文庫

青淵文庫 晩香廬と同じ敷地内、すぐ隣あるのがこの青淵文庫(せいえんぶんこ)だ。青淵とは渋沢栄一の雅号からきており、文庫は書庫を意味する。晩香廬もそうだが、ネーミングセンスが秀逸だ。 ちなみに、晩...…
続きを読む

ケイムで組むランプシェード2【その4】【完成】

全面ハンダ - The entire surface of the solder 組みと表の接点のみのハンダが終わった段階です。 カタチとしてはもう出来ているのですが、ここから歪みの...…
続きを読む

パンクしないタイヤ、TANNUS(タンナス)が凄い件

個人的自転車事情 - パンクさえなければ・・ 基本的に、通勤も含めて都内の移動はほぼロードバイクです。 単に自転車が好きってのもありますが、都内、特に都心だと、自転車の方が電車より早いですし、目的地の目前まで行...…
続きを読む

BABYMETALという奇跡

    馴れ初め AndroidのCMに出てたのをテレビで見たのが最初の出会い。それは間違いない。はっきりと覚えている。時期ははっきりしないけど、多分1年か1年半くらい前。足を大きく上げるキャッチーなダ...…
続きを読む

 Comment

メールアドレスが公開されることはありません。