Image

【ステンドグラス探訪22】TOCCA STORE 青山本店

表参道をフラついてて見つけたステンドグラスです。


クリアのガラスオンリーのさわやか系で。


Pocket

Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO200, Photo by eto

TOCCA

米国のファッションブランドだそうです。レディースオンリー。表参道の超一等地にさりげなく建ってます。表参道駅徒歩1分


緑がかった水色の店舗カラーが良い味出してます。






壁面のステンドグラス

Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO200, Photo by eto

シンメトリーのシンプルなデザイン。ロンデルが印象的です。


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO400, Photo by eto

ガラスはクリアオンリー。外側からウォーター、ロンデル、CX00、そして中央がアルトドイッチェ。あと横長のハンマードっぽいガラスも使われています。


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO400, Photo by eto

パテが、はみ出し気味です。


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO400, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO500, Photo by eto






扉のステンドグラス

Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO320, Photo by eto

こちらは出入り口の扉。左右対称に同じパネルが2枚入ってます。


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO400, Photo by eto

このガラスは・・ ロンデルでしょうか。大きなロンデルを四角く切ったんですかね。もしかしたら、既製品でこんなガラスが売られているのかもしれません。真ん中にポンテがあるので、クラウン法で作られたガラスなのは確かだと思います。


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO640, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO200, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO400, Photo by eto

全く関係ないですが、直ぐ近くのコムデギャルソン本店。このシュールさったら。たまりません。






感想・評価

壁面のステンドは丸のロンデルを外側に使ってますが、途中と一番下に横長の長方形のガラスが入っています。これはどんな意図なんでしょうね。アクセントでしょうか。ない方が良い気がします。ロンデルの連続が綺麗なので、それが意味もなく途切れると違和感が出ます。


ロンデルは手作りだけあって、味わいがあって良いです。水面にできた波紋のようなテクスチャ、飛び出した厚みによる立体感が好きです。だから、ロンデルを使うならロンデルの良さを活かしたデザインじゃないと勿体無いです。


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO200, Photo by eto


ではロンデルの良さを活かしたデザインとは何か?一つ言えるのは、ロンデルの邪魔をするようなものを入れない、ということですね。今回の横長長方形のはちょっと邪魔してる感があります。別の方向性としては、ロンデルに負けず劣らず濃いガラスを使って濃いデザインで、というのもアリだと思います。


真ん中のアルトドイッチェの部分は、中がうっすら見えるように大きくとってるのでしょうね。そして、アルトドイッチェとロンデルだけでは地味なので、その間にCXを挟んだのだと思います(勝手な想像)。


ドアの方のステンドは、まあ四角のガラスを並べるのも悪くはないですが、シンプルに壁面と同じ丸のロンデルを並べたパネルも見たかったです。そうすれば、少なくとも壁面と共通感・統一感は出ますしね。あと、丸のロンデルを四角くすると、若干逆らっている感・窮屈感がでてしまう気がします。


壁面、ドア共にオールクリアガラスにしたのは良いですね。透明感があり、変に主張しすぎず上品に仕上がっています。


細部の作りについては、目立ったラインのずれやハンダの汚さもなく、悪くないと思います。手慣れた感じですね。






何処の工房が作ったのでしょうかね。関東の工房だとは思いますが、流石に見ただけで何処かは分かりませんね。手掛かりは全面ハンダしてないことぐらいです。。


壁面のステンドは、欲を言えばもう一工夫欲しかったですね。ちょっと薄いですし、単調です。言われて作った感が少し出てます。さりげない主張というか、奥底から湧き上がる何かを形にした感はないです。ガラスが綺麗というだけで満足してしまったのかもしれません。


この日、他にもステンドを見つけたので、また近々ご紹介します。



Pocket

関連する記事 - Related Post

ステンドグラス屋のウェブサイト戦略

ステンドグラス関連会社のHP運営事情 Googleの検索窓に適当な語句を入れ、ステンドグラスに関係する会社・工房を、制作会社を中心に色々と見てみた。 ステンドグラス関係の会社と言っても、大手の「...…
続きを読む

ステンドグラス職人になる方法

はじめに 「夢を持ってはだめ」 私が初めてステンドグラスを作ったのは、東京の都心にある、とある個人の方の工房でした。その頃、色々あって急にステンドに強い興味を持ち、当時荻窪に住んでいた私はネットで近くのステンド...…
続きを読む

ステンドグラスの仕事を続けるには

はじめに 自分自身、ステンドグラス・ガラスに関わる仕事に就いて、もうすぐ3年が経つ。 最初の2年は地方のステンドグラス工房でのアルバイト。後の1年は都内のステンドグラス制作会社勤務。現在もこの会社に在職中で...…
続きを読む

 Comment

メールアドレスが公開されることはありません。