Image

【ステンドグラス探訪30】池袋西武別館

池袋西武の別館エスカレーター横にあるステンドグラスです。


吹き抜けに、大きなステンドが2つ設置されています。

Pocket

Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO500, 0.7EV, Photo by eto


池袋西武別館

池袋駅の東側にあるのが西武です。その別館、無印が入っている場所の横辺りにこのステンドがあります。


あの辺りはちょっとごちゃごちゃしてますが、ステンドが大きいので、現地に行けば見つかると思います。




この作品は、結構有名なイギリスのステンドグラス作家さんが制作したもののようです。昔、30年近く前にここで個展をされて、その時にこのパネルが設置されたそうです。


Brian Clarke(ブライアン・クラーク)


画像検索をすると作品がたくさん出てきますが、どれも似てますね。


この方、作品が30年近く前のものなので、結構な歳かと思えば、まだ62歳でした。







エスカレーター横のステンドグラス

Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO500, 0.7EV, Photo by eto

大きな作品です。エスカレーターが邪魔で全体像が写せないですが、上が9枚、下が16枚のパネルで構成されています。(写真は上のみ)


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO400, 0.7EV, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO320, 0.7EV, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO400, 0.7EV, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO200, 0.7EV, Photo by eto

オレンジのグラデーションが綺麗です。






Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO200, 0.7EV, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO200, 0.7EV, Photo by eto

ガラスは、白の格子はスペクトラムっぽいです。青はアンティークですね。他はアンティークのような、そうでないような、、不明です。ストライエーションがはっきり見えないんですよね。でも、グラデーションのかかったガラスはアンティークの可能性大です。


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO200, 0.7EV, Photo by eto

隙間から光が漏れています。これはちょっと醒めますね。


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO160, 0.7EV, Photo by eto

ハンダはもちろん点ハンダです。


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO250, 0.7EV, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO800, 0.7EV, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO200, 0.7EV, Photo by eto

モチーフは何でしょう。野菜か何かでしょうか。


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO1000, 0.7EV, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO160, 0.7EV, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO250, 0.7EV, Photo by eto

結構、裏側からの汚れが目立ちます。


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO200, 0.7EV, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO250, 0.7EV, Photo by eto

この赤いガラスは、ムムムですね。右下の赤いガラスなどは、こんな形だとかなり割れやすいので普通はあり得ないのですが。。ガラスじゃないのかな?


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO250, 0.7EV, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO160, 0.7EV, Photo by eto

この緑もすごい形です。あと、ガラスが形が妙にカクカクしてますが、なんでしょうね。


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO2500, 0.7EV, Photo by eto

ハンダの様子が良くわかる一枚。


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO250, 0.7EV, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO250, 0.7EV, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R, 1/30, f/5.6, ISO6400, 0.7EV, Photo by eto

下に作者の名前が入っています。


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO400, 0.7EV, Photo by eto






感想・評価

ここまでビビッドではっきりした、デザイン性の高いステンドも珍しいですね。流石、外国人が作ったもの、という感じです。


さて、ここへ来る1時間前に、前回ご紹介した西早稲田のステンド を見た訳ですが、これと同様に今回のもガラスっぽくないです。ガラス「らしさ」がまるでありません。アクリル板のようです。


ステンドグラスにあまり見えないので、知らない人がちらっと見たら、安っぽいただの壁面装飾に見えるかもしれません。


Image

SONY DSC-RX1R, 1/80, f/5.6, ISO320, 0.7EV, Photo by eto


作品名が「オパール スクリーン」というだけあって、オパール(オパレッセント)グラスが使われています。それがそうさせるのでしょう。ライトボックスだから裏が透けてしまうとダメなのはわかりますが、、やはりこれだと深みは出ないですね。趣や風合いがないです。作者はあえてやっているのだと思いますが、もっと深みのある宝物のようなステンドが好きなんです。


加えて、背景がちょっと退屈ですね。モチーフは良いとして、背景の格子や帯が単純すぎて微妙です。画一的すぎる気がします。






なんか、悪い意味で無骨。繊細さや趣がない。あか抜けないな~、という印象ですね。色数が抑え目でデザイン性が高く、ある意味でインパクトはありますが、もっとガラスらしさを出して欲しかったです。



この日は巨大なステンドを3つも鑑賞して、食傷気味です。。さて、今度はどこへどんなステンドを見に行こうかな。



Pocket

関連する記事 - Related Post

DSF03889_400

【ステンドグラス探訪32】栄駅【名古屋市営地下鉄名城線】

名古屋市営地下鉄名城線・栄駅 名古屋人にはお馴染みの栄です。 ここのステンドは、子供の頃から知っています。まじまじと見たことはないですが、インパクトが有るのでイメージが心の中...…
続きを読む
DSF03659_400

【ステンドグラス探訪31】新宿三丁目駅【東京メトロ副都心線】

東京メトロ副都心線・新宿三丁目駅 山本容子さんは、有名な銅版画家の方なのだそうです。 lucasmuseum.net この作品のタイトルは、「Hop, Step, Hop, Ste...…
続きを読む
DSF02645_400

【ステンドグラス探訪28】 飯田橋RAMLA【ラムラ】

RAMLA RAMLA(ラムラ)は、東京都新宿区の飯田橋にあるB級複合施設です。飯田橋駅のすぐ横にあります。 今回ご紹介するステンドは、そこの「区境ホール」という、新宿区と千代田区の境界線上...…
続きを読む
DSF02800_400

【ステンドグラス探訪29】西早稲田駅【東京メトロ副都心線】

東京メトロ副都心線・西早稲田駅 昔、西早稲田に住んでいたことがあります。その頃は駅はまだありませんでした。2008年にできたそうです。早稲田大学の理工学部に駅が直結しています。 ステ...…
続きを読む

 Comment

メールアドレスが公開されることはありません。