Image

【ステンドグラス探訪44】東京メトロ副都心線 明治神宮前駅

東京メトロ副都心線、明治神宮前駅のステンドグラスです。


今回のも、横10mと巨大なもの。インパクト十分です。


副都心線シリーズのステンドグラスは、今回で最後かもしれません。

Pocket

Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO200, Photo by eto


東京メトロ副都心線 明治神宮前駅

原宿と表参道の間にあります。実は、乗ったことも降りたこともない駅です。。


ステンドが改札内にあるので、今回は通勤途中にちょっと遠回りして見て来ました。







改札奥のステンドグラス

Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO320, Photo by eto

改札のすぐ側にあります。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO250, Photo by eto

これだけの大きさだと、やっぱり中々の迫力です。エレベーターが邪魔で真正面から撮れないのが残念なところ。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO160, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO250, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO250, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO400, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO200, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO160, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO250, Photo by eto

このペンキの殴り書きのようなのは、グリザイユで絵付けしてるのだそうです。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO250, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO250, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO100, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO500, Photo by eto

光の具合が良く、ケイムの様子が良く分かります。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO1600, Photo by eto

ケイムの接点は差し込みで点ハンダ。ラウンドのように見えるのは、フラットのへりを潰してるからなんでしょうね。ハンダは薄めです。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO2500, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO400, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO125, Photo by eto

このピンクのガラス、好きです。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO200, Photo by eto

この、バックに多用されている桜模様!?のようなガラスは何でしょうね。もしかしたら、絵付けかサンドブラスト加工をしているのかも。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO400, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO200, Photo by eto

この辺りの赤と青のコントラスト、良いですね。青のもや~っとした感じはサンドブラストでしょうか。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO320, Photo by eto






Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO160, Photo by eto

アンティークガラスはやっぱり綺麗です。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO800, Photo by eto

いつかは会える 野見山暁治


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO500, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO250, Photo by eto



他にも何点か載せておきます。


Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image

Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO500, Photo by eto

副都心線は最近できたばかりなこともあり、パブリックアートが盛んです。

近くにあった書。by 武田双雲






感想・評価

ここまで抽象的で、何処にもないようなステンドである点、また如何にもなステンドではない点は高く評価できます。


ただ、、もうちっと纏まりがあった方が良かったかもしれません。いくら何でも無秩序過ぎかな~というのが一番の印象です。すべて自由曲線ですからね。逆に全部直線だったらもうちょっと纏まりが出て面白かったかもしれません。


技法としては、グリザイユを使ってガラスに書家の如く大胆な筆遣いで描いたり、サンドブラストで淡い表情を持たせたりと、斬新さが光ります。嫌いじゃないです。挑戦しているのが良いですよね。ガラス表現手法の実験室のようです。


そして兎に角、ガラスの色が綺麗です。白地に赤青緑の原色が映えます。いろんな色のコントラストが素敵です。カタチも、所々は面白いです。部分で見ると面白い個所があるんです。ただ、全体で見ると、訳の分からない感じになっちゃいますが。。


まあ、全体で見ると微妙ですが、部分で良い感じのパターンを拾えたり、イマジネーションの足しになるので、見てて面白いステンドではあります。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO320, Photo by eto


やっぱり、ステンドを知らない原作者がいて、その人が描いた絵(今回の場合は油絵)をステンドグラスで表現する、というアプローチに限界があるんですよね。やっぱり無理があるんです。 かと言ってステンドグラスを十分に分かってる人が0から作ったら良い作品が出来る訳でもないのですが。。


あと、パブリックの場ではネームバリューが必要になるので有名な原作者を使う、という日本の悪しき習慣をココでも見た気がします。





Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO320, Photo by eto


YouTubeに製作過程の動画があったので、ご紹介させてもらいます。原画も出てますが、結構忠実にステンド化されています。


原画作者のインタビューにありますが、真正面から見るのではなく、通行人の目線で見られるのを想定しているんですね。丁度、上の写真のような見られ方が近いでしょうか。


面白い考えですね。そうだったら、正面から見た絵柄はほとんど意味を持たないことになりますね。はじめから分かってて、そういった見方をしていれば、印象も違ったものになったかも。今度近くに行ったら試してみよう。







副都心線の一連のステンドを見て思ったのは、それぞれ、そこまで大きなステンドである必要があるのか?ということ。


大きいと構図も困難だし、隅々まで神経を行き届かせることが難しくて、結局雑になっちゃいますよね。小さくてもキラリと光るステンドの方が良いと思うのです。何なら小さいのを沢山並べれば良い訳だし。


See You !



Pocket

関連する記事 - Related Post

ステンドグラス屋のウェブサイト戦略

ステンドグラス関連会社のHP運営事情 Googleの検索窓に適当な語句を入れ、ステンドグラスに関係する会社・工房を、制作会社を中心に色々と見てみた。 ステンドグラス関係の会社と言っても、大手の「...…
続きを読む

ステンドグラス職人になる方法

はじめに 「夢を持ってはだめ」 私が初めてステンドグラスを作ったのは、東京の都心にある、とある個人の方の工房でした。その頃、色々あって急にステンドに強い興味を持ち、当時荻窪に住んでいた私はネットで近くのステンド...…
続きを読む

ステンドグラスの仕事を続けるには

はじめに 自分自身、ステンドグラス・ガラスに関わる仕事に就いて、もうすぐ3年が経つ。 最初の2年は地方のステンドグラス工房でのアルバイト。後の1年は都内のステンドグラス制作会社勤務。現在もこの会社に在職中で...…
続きを読む

 Comment

メールアドレスが公開されることはありません。