Image

【ステンドグラス探訪47】都心にある撮影禁止の教会3選

都心にはステンドグラスが入っている教会が沢山ありますが、残念ながら撮影が禁止されていることが多いです。。


今回は、そんな中から選りすぐりの3つをご紹介します。

Pocket

Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO500, Photo by eto

はじめに

ステンドグラスと言えば真っ先に教会が思い浮かぶ方も多いと思いますが、結構、中は写真撮影が禁止されている場合が多いんですよね。


何故撮影が禁止されているのか?


神聖なモノ・場所にカメラを向けてはいけない?!というような理由だと推測されますが、ステンドグラスを撮り歩いている身としては非常に残念なことです。。


と言う訳で、撮影禁止ながらも一見の価値がある都心の教会を3つほどご紹介します。興味のある方は是非ご自分の目で確認してみてはいかがでしょうか。







聖イグナチオ教会

四ツ谷駅の真ん前にあります。真横にあるカトリック系の上智大学の施設か!?と思いきや、別組織のようです。


聖イグナチオ教会

幾つかの建物に分かれていますが、主聖堂1階のステンドが圧倒的な規模です。縦長の巨大なステンドが12セット入っています。デザインは独特で、あまり教会っぽくないです。あと、ここはステンドだけでなく天井の形にも注目してみましょう。


地下にも聖堂があり、ここには洋風で典型的なステンドが入っています。他にも、マリア聖堂、ザビエル聖堂と別の建物があり、趣の違ったステンドを楽しめます。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/160, f/5.6, ISO100, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/200, f/5.6, ISO100, Photo by eto

外側から。1階から地下に通じる螺旋階段のステンドグラス。かなりごっつい絵付けのステンドグラスが入っています。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO800, Photo by eto

主聖堂のステンド。外から。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO400, Photo by eto

独特のケイム使いです。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO160, Photo by eto

外からでも一応、主聖堂の縦長なステンドが見られます。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO800, Photo by eto

地下のステンドグラスを外側から。






カトリック神田教会

水道橋から歩いて行けます。東京ドームからも近いですね。


国の登録有形文化財だそうですが、結構ファンキーなステンドが入っています。


カトリック神田教会

祭壇の中央正面とそれ以外は別の種類のステンドが。正面のは日本人の作品で、ほのぼのとした感じ、それ以外は外国の方の作品だそうで、シャガールの絵をコミカルにした感じのです。どちらも女性の作品ですね。


シャガール風のステンドは同系統の色で上手くまとまっており、その点は良いと思います。ただ、作りは稚拙です。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/500, f/5.6, ISO100, Photo by eto

立派な建物です。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/160, f/5.6, ISO100, Photo by eto

外側から。ケイムとカッパーを組み合わせた!?独特な組み方がされているようです。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/125, f/5.6, ISO100, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/250, f/5.6, ISO100, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO100, Photo by eto






ニコライ堂(東京復活大聖堂教会)

御茶ノ水駅から徒歩2分の場所にあります。


ちょっとした西洋のお城のような立派な建物です。


ニコライ堂(東京復活大聖堂教会)

そしてまさかの入館料、300円。。教会でお布施を取られるのは初めてで驚きましたが、まあ良しとしましょう。


ステンドはかなりしっかりと作り込まれており、独特の雰囲気があります。奥の方にも大きなステンドがありますが、入り口付近のものしか間近で見られないのは残念なところ。


メインのステンドは、まるで肖像画のようです。油絵のように重厚で写実的なのです。結構驚きました。ガラスへの絵付けでも、これくらいできるんだな、と。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/400, f/5.6, ISO100, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO160, Photo by eto

中は薄暗く、蝋燭の光が灯っています。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO100, Photo by eto

肖像画風のステンドを建物の外から。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO100, Photo by eto

これも。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/250, f/5.6, ISO100, Photo by eto

建物の上の方にも沢山のステンドが入っています。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO1250, Photo by eto

小聖堂のステンドを外から。






おわりに

どの教会もかなりの量のステンドが入っていましたね。先ずその量に、一番驚きました。


今回ご紹介した3つの教会のステンドは結構な規模ですが、それぞれ作風が違います。同じ教会の中でも、場所によって全く違うのが入っていたりもしましたね。古いものから新しいもの、また、重厚な絵付けのステンドから趣味で作ったかのようなもの、まで様々でした。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/125, f/5.6, ISO100, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/320, f/5.6, ISO100, Photo by eto






観光地化していて人が多かったり、結婚式の準備をしていたり、ミサをしていたり、と、都心ならではの様相でした。人が多くてゆっくり見ていられないこともありますが、どれも、近くに来たら立ち寄る価値のある教会だとは思います。


都心には、まだまだ他にも沢山、ステンドの入った教会がありそうです。時間を見つけてまた訪問します。




Pocket

関連する記事 - Related Post

【ステンドグラス探訪46】小山台会館 後編

ルイ・フランセン 作者のルイ・フランセンは、日本屈指のステンドグラス工房である旧現代壁画研究所の初代所長として、業界ではそこそこ有名な方です。 1957年に宣教師として来日し、その後、日...…
続きを読む

【ステンドグラス探訪45】小山台会館 前編

小山台会館 財団か何かの施設のようです。一応、自由に出入りできます。日曜が休みのため、土曜も仕事がちで日曜しか休みがない身としては、行くことが難しい場所でした。 が、今回、やっと訪問でき...…
続きを読む

【ステンドグラス探訪44】東京メトロ副都心線 明治神宮前駅

東京メトロ副都心線 明治神宮前駅 原宿と表参道の間にあります。実は、乗ったことも降りたこともない駅です。。 ステンドが改札内にあるので、今回は通勤途中にちょっと遠回りして見て来ました。 ...…
続きを読む

【ステンドグラス探訪43】目白聖公会 後編

2階中央のステンドグラス 祭壇の反対側の2階です。1階から通じる階段が隠し扉!?の中にあるので、初めはどこから上るのかわからないと思います。 ...…
続きを読む

 Comment

メールアドレスが公開されることはありません。