Image

【ステンドグラス探訪48】日本橋三越

東京の日本橋にある三越本店のステンドグラスです。


かなり古いものですが、中々の大作で迫力があります。

Pocket

Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO500, Photo by eto


日本橋三越

全国に幾つかある日本最古の百貨店、三越の本店です。


100年以上前に建てられ、その後増改築されて80年前にはほぼ現在の姿になったそうです。古びた趣がありますが、経営統合した新宿伊勢丹と同じく、ポップな壁面装飾がマッチして良い感じにデコレーションされていました。


歴史ある建物に直で描いちゃってるところが良いです。時代も変わりましたね。

Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO200, Photo by eto







中央ホールのステンドグラス

Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO800, Photo by eto

建物の中央が1階から4階まで吹き抜けになっていて、その天井にステンドが嵌っています。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO400, Photo by eto

昔は外からの自然光が入っていたようですが、今は蛍光灯だとおもいます、恐らく。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO400, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO400, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO400, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO640, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO800, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO800, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO800, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO800, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO800, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO500, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO500, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO1000, Photo by eto







Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO640, Photo by eto

1階にある「天女の像」。木の像に着色してあるようです。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO1000, Photo by eto

この像は結構凄いです。ステンドグラスより断然凄いです。狂気じみてます。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO160, Photo by eto

1階から見上げて。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO160, Photo by eto

像の側から。背中に目!?が・・やばいです。。






感想・評価

このステンドは、別府ステンドグラス製作所という工房が1928(昭和3)年に製作したものだそうです。古いステンドだけあって、アールヌーボー調の落ち着いたデザイン・色使いが建物の雰囲気に良くマッチしており、安心感があります。周囲の窓なども含めて、一つの作品と言えるのではないでしょうか。雰囲気は、国会議事堂のステンドにも通じるものがありますね。


また、左右の端に同じ柄が連なっている部分がありますが、これがまた良いです。このクラスター感が好きです。


デザインについては、もう少し個性のある、アクのあるデザインだともっと良かったかな~とは思います。ちょっとありきたりです。フランク・ロイド・ライトが設計してたら最高のものが出来てただろうな、と強く思いました。


あと思ったのは、このようなステンドは離れて見るかたちになるので、別にガラスでなくても、プラスチックか何かでも成立するだろうな、ということです。ガラスらしさ - 脆さ、儚さ、キンキラリーン感は、ある程度近距離でなければ認識できません。かなり身も蓋もない話ですが・・。このステンドが作られた当時は無理でしょうが、いまなら、フロートにフィルムを張り付けるだけで、同じようなものが作れると思います。

Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO400, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO320, Photo by eto






この中央ホール以外にも、本館6階と7階にある三越劇場にも、立派なステンドグラスが入っているようです。


後で知ったので今回は見られませんでしたが、また近くに寄ったら見に行きます。



Pocket

関連する記事 - Related Post

【ステンドグラス探訪47】都心にある撮影禁止の教会3選

はじめに ステンドグラスと言えば真っ先に教会が思い浮かぶ方も多いと思いますが、結構、中は写真撮影が禁止されている場合が多いんですよね。 何故撮影が禁止されているのか? 神聖なモノ・場所にカ...…
続きを読む

【ステンドグラス探訪46】小山台会館 後編

ルイ・フランセン 作者のルイ・フランセンは、日本屈指のステンドグラス工房である旧現代壁画研究所の初代所長として、業界ではそこそこ有名な方です。 1957年に宣教師として来日し、その後、日...…
続きを読む

【ステンドグラス探訪45】小山台会館 前編

小山台会館 財団か何かの施設のようです。一応、自由に出入りできます。日曜が休みのため、土曜も仕事がちで日曜しか休みがない身としては、行くことが難しい場所でした。 が、今回、やっと訪問でき...…
続きを読む

【ステンドグラス探訪44】東京メトロ副都心線 明治神宮前駅

東京メトロ副都心線 明治神宮前駅 原宿と表参道の間にあります。実は、乗ったことも降りたこともない駅です。。 ステンドが改札内にあるので、今回は通勤途中にちょっと遠回りして見て来ました。 ...…
続きを読む

【ステンドグラス探訪43】目白聖公会 後編

2階中央のステンドグラス 祭壇の反対側の2階です。1階から通じる階段が隠し扉!?の中にあるので、初めはどこから上るのかわからないと思います。 ...…
続きを読む

 Comment

メールアドレスが公開されることはありません。