Image

【ステンドグラス探訪65】聖路加国際病院

東京の築地にある聖路加国際病院・礼拝堂のステンドグラスです。


かなり良いステンドでしたが、内部が写真撮影禁止なので外部だけのご紹介です。

Pocket

Image

SONY DSC-RX1R , 1/250, f/5.6, ISO100, Photo by eto


聖路加国際病院

東京の築地にある、大規模な総合病院。皇室との繋がりもある、とってもハイソな病院として知られている。建物が幾つかに分かれており、礼拝堂を含む旧館は、1933年に建てられたもの。


読みは、普通に読むと「せいろか」であり、一般にもそう呼ばれることが多いが、正確には「せいるか」。ST.LUKEの当て字なのだが、当て字の方の読みが独り歩きしてしまった模様。


なお、敷地内には聖路加国際大学も置かれている。非常に小さいな大学で、その辺の小学校以下の学生数しかいない。


聖路加国際病院 - Wikipedia


Image

SONY DSC-RX1R , 1/640, f/5.6, ISO100, Photo by eto






礼拝堂のステンドグラス

Image

SONY DSC-RX1R , 1/320, f/5.6, ISO100, Photo by eto

旧館の裏手に礼拝堂があります。内部を十分に堪能した後、外部の撮影を。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/320, f/5.6, ISO100, Photo by eto

外から内部の雰囲気を想像するのは難しいですが、一応ケイムのラインは分かるので、どんなラインのデザインかは分かります。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/320, f/5.6, ISO100, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/320, f/5.6, ISO100, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/320, f/5.6, ISO100, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/500, f/5.6, ISO100, Photo by eto

一応、キリスト教にまつわる図柄のようです。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/400, f/5.6, ISO100, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/250, f/5.6, ISO100, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/400, f/5.6, ISO100, Photo by eto

こちらが、中央にあるメインの三連ステンド。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/400, f/5.6, ISO100, Photo by eto

確か、青色がメインの色使いでした。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/320, f/5.6, ISO100, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/250, f/5.6, ISO100, Photo by eto

反対側。丁度、西日が少しだけ入って本来のガラスの表情が伺えます。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/125, f/5.6, ISO100, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/640, f/5.6, ISO100, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/1000, f/5.6, ISO100, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/1000, f/5.6, ISO100, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/640, f/5.6, ISO100, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/500, f/5.6, ISO100, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/800, f/5.6, ISO100, Photo by eto






Image

SONY DSC-RX1R , 1/2000, f/2.0, ISO100, Photo by eto

敷地内の他の建物や緑が綺麗でした。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/320, f/5.6, ISO100, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/800, f/2.0, ISO100, Photo by eto






感想・評価

普通なら、内部の撮影ができない様ならここに載せることもないのですが、ビックリするくらい良かったので、外観だけでも載せちゃいます。


内部は、「荘厳」という言葉がピッタリの、洗練された場所でした。10個のバラ窓と中央の3連ステンドグラス、大小様々なステンドグラス。そして巨大なパイプオルガン。内装や建物内部の雰囲気も相まって、得も言われぬ雰囲気を醸し出していました。


個々のステンドのデザインも凝ったものばかりで、細々としたガラスピースが集積しているパネルが圧倒的な物量で迫ってくると、正に迫力満点です。


ステンドのデザインは、明らかに日本人ではないと一目見て分かりますが、帰って調べたら、案の定そうでした。落ち着いた飽きのこないデザインで、細部のこだわりも感じられる素晴らしいモノです。


ステンドグラスで息を呑んだのは久しぶりです。最近見た中では、No.1のステンドですね。規模的にも、これでだけのものは中々お目に掛かれません。


なお、内部のステンドは、Googleで画像検索をすると、多少出てきます。


Googleで画像検索 - 聖路加国際病院 ステンドグラス

Image

SONY DSC-RX1R , 1/400, f/5.6, ISO100, Photo by eto




当時、予算の関係上、絵付けではなく抽象的なステンドになったそうですが、断然こっちの方が良いです。


絵付けのように直接的ではなく、間接的に、潜在意識に訴え掛けてくるようなステンドが自分は好きです。




Pocket

関連する記事 - Related Post

ステンドグラス屋のウェブサイト戦略

ステンドグラス関連会社のHP運営事情 Googleの検索窓に適当な語句を入れ、ステンドグラスに関係する会社・工房を、制作会社を中心に色々と見てみた。 ステンドグラス関係の会社と言っても、大手の「...…
続きを読む

ステンドグラス職人になる方法

はじめに 「夢を持ってはだめ」 私が初めてステンドグラスを作ったのは、東京の都心にある、とある個人の方の工房でした。その頃、色々あって急にステンドに強い興味を持ち、当時荻窪に住んでいた私はネットで近くのステンド...…
続きを読む

ステンドグラスの仕事を続けるには

はじめに 自分自身、ステンドグラス・ガラスに関わる仕事に就いて、もうすぐ3年が経つ。 最初の2年は地方のステンドグラス工房でのアルバイト。後の1年は都内のステンドグラス制作会社勤務。現在もこの会社に在職中で...…
続きを読む

 Comment

メールアドレスが公開されることはありません。