Image

【ステンドグラス探訪66】旧岩崎邸庭園

東京の上野にある旧岩崎邸庭園のステンドグラスです。


不忍池のすぐ側にあります。

Pocket

Image

SONY DSC-RX1R , 1/1600, f/2.0, ISO100, Photo by eto


旧岩崎邸庭園

三菱財閥の第3代目総帥、岩崎久弥が明治時代に建てた私邸が、時を経て東京都の管理で旧岩崎邸庭園として一般公開されているものが、今回の旧岩崎邸庭園です。


建物はジョサイア・コンドルの設計で、1896年(明治29年)に竣工。現在は歴史的な価値がある建造物として、国の重要文化財に指定されています。




実は、ここは以前も来ようとしたのですが、内部の撮影がNGだったので止めていました。それが、今年の4月から平日に限って撮影OKになったため、満を持して、と言ったら大袈裟ですが、今回来れた訳です。


上野の不忍池のすぐ側にありますが、大通りには面していないため、あまり人目にはつきません。一本入った道を、更に敷地内に入ってからゆっくり坂道を上がっていた先に建物があります。入場料は、一般400円。


旧岩崎邸庭園 - 公園へ行こう! - 東京都公園協会
旧岩崎邸庭園 - Wikipedia

Image

SONY DSC-RX1R , 1/250, f/5.6, ISO100, Photo by eto

東側より。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/500, f/5.6, ISO100, Photo by eto

南側。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/320, f/5.6, ISO100, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/400, f/5.6, ISO100, Photo by eto

角度によっては宮殿のように見えます。






玄関のステンドグラス

Image

SONY DSC-RX1R , 1/250, f/5.6, ISO100, Photo by eto

入り口の頭上。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO250, Photo by eto

これは入り口の欄間です。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO640, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/60, f/5.6, ISO6400, Photo by eto

入り口の扉(1つ目)。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/60, f/5.6, ISO6400, Photo by eto

薄緑のところもクリアが良かったな~と思います。せめて、入れるならごく薄いアンバーなんかが。。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO400, Photo by eto

これは入り口を入ってすぐ右側のもの。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO400, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO2000, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/25, f/5.6, ISO6400, Photo by eto

入り口が手前と奥で2つあり、それぞれの扉と欄間にステンドグラスが入っています。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/30, f/5.6, ISO6400, Photo by eto

入り口の扉(2つ目)。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/60, f/5.6, ISO6400, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/50, f/5.6, ISO6400, Photo by eto

ここまでクリアなガラスだと、透け感が良くて針金がハマっているような感じがしますね。好きです。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO6400, Photo by eto

補強の仕方が昔っぽいです。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/40, f/5.6, ISO6400, Photo by eto






階段のステンドグラス

Image

SONY DSC-RX1R , 1/640, f/2.0, ISO100, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO320, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO100, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO100, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO160, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/60, f/5.6, ISO6400, Photo by eto

地下に下る階段があり、地下にも部屋が幾つかあるようなのですが、残念ながら非公開になっています。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO400, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO1000, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO2000, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO160, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO200, Photo by eto






裏口のステンドグラス

Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO2500, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO3200, Photo by eto

ロンデルを使った珍しいデザインのステンドグラスです。近くで見られないため詳細は不明ですが、階段のステンドなんかとは別の時代に別の人が作った気がします。あまりにポリシーが違うので。。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO4000, Photo by eto






ビリアード場のステンドグラス

Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO320, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO400, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO320, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO500, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO250, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO4000, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO4000, Photo by eto

こんなに斜めからしか見られないって・・・可哀想デス。






Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/2.0, ISO400, Photo by eto

フラワーアレンジメント!?の展示が、館内の至る所にされていました。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/800, f/2.0, ISO100, Photo by eto

庭?!が無駄に広いですw 開放感有り過ぎ・・・。それにしても、広い敷地をゆったりと使った、贅沢な豪邸です。






Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image Image




感想・評価

平日の昼間に行きましたが、人は結構多かったですね。殆どが年配の方で、特に大人数のグループで来ている人が目立ちました。


ステンドグラスはそこそこ良いのですが、建物自体は、ちょっと観光地化していてイマイチでした。かなり古い建物ですが、本来の良さが出ていない気がします。フラワーアレンジメントの展示場になっていたり、内部にちょっとしたカフェがあったりして。。


できれば脳内タイムスリップして当時の雰囲気に浸りたいところなのですが、いちいち注意書きが多くて、ちょっと萎えました。。行く前の期待感に比べると、実際の評価は若干低めです。


この建物のステンドグラスは、結構な量で、歴史的にも重要な気がします。にも拘らず、不思議なくらいまったく触れられていないんですよね。公式ページにもパンフレットにも。ここまでステンドグラスの「ス」の字も出てないのも珍しいです。


竣工が明治29年なので、ステンドが日本で作られたものならば、多分、宇野澤辰夫かその関係者なのでしょう。そうでなければ輸入品ですね。その辺りは、当時の宇野澤辰夫が作った他の作品と比べれば分かるかもしれません。個人的には、デザインが日本っぽいので外国製ではない気がします。


この建物では、ステンドグラスが作品と言うより建材の一部として使われているようで、あくまで脇役です。そう、脇役で良い場合もあるんです。知らないうちに主役を引き立てるような、それでいて潜在意識に訴え掛けるような。。


にしても、もう少し光を当ててくれても良い気がします。特に本館裏口のステンドとビリヤード場裏口のステンドは、立ち入り禁止になっていて正面から見ることも叶わず、寂しい限りです。。


まあ、ステンドグラスが可愛そうですが、そう思うのはステンドを良く知っている人や作る人の視点であって、一般人にはこの程度のもんなのでしょう。。

Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO500, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/100, f/5.6, ISO100, Photo by eto


主役のステンドグラスは、何と言っても1階から2階に続く階段のステンドグラスです。壮観ですね。個人的には、最近はピース数が多いステンドが正義だと思う瞬間が多々あります。これも中々のものですね。このクラスタ感、集積感、最高です。


これはこれで良いのですが、これにフランク・ロイド・ライトのような秀逸なデザインが加わればもっと最高なんですけどね。




建築的には見どころがとても多い建物だとは思います。ステンドグラス的にはそれほどでもないかもしれませんが。


いつまで写真撮影がOKか分からないので、行くなら今のうちです!




Pocket

関連する記事 - Related Post

DSG03362_400

【ステンドグラス探訪63】聖徳記念絵画館

聖徳記念絵画館 明治天皇の数々の功績を描いた絵画が飾られている、マニアックな施設です。芸術作品と言うより、歴史的な資料のような絵画が飾られているようです。入場料は500円。 休日でしたが...…
続きを読む
DSG03489_400

【ステンドグラス探訪64】飯田橋RAMLA【ラムラ】2

もう一つのステンドグラス 飯田橋にあるRAMLAはちょっとだけ複雑な構造の建物になっているようで、東側の入り口外から直接2階へ上がる階段があります。 2階と言っても東京理科大...…
続きを読む
DSG04327_400

【ステンドグラス探訪65】聖路加国際病院

聖路加国際病院 東京の築地にある、大規模な総合病院。皇室との繋がりもある、とってもハイソな病院として知られている。建物が幾つかに分かれており、礼拝堂を含む旧館は、1933年に建てられたもの...…
続きを読む

 Comment

メールアドレスが公開されることはありません。