Image

【ステンドグラス探訪72】帆船日本丸

今回も横浜です。みなとみらいエリアにある、帆船日本丸のステンドグラスを。


これは、中々見つけられないステンドだと思います。場所が場所だけに。。

Pocket

Image

SONY DSC-RX1R , 1/2000, f/2.0, ISO100, Photo by eto

帆船日本丸

日本丸は、昭和初期に作られた練習用の船だそうです。帆船(はんせん)とは、帆(ほ)が付いていて、そこ受ける風を推進力とする船のこと。今回は残念ながら帆が閉じていて、その雄姿を見ることはできませんでしたが、帆を開いた本来の姿はかなり格好良いです。


この船にステンドが一枚嵌っているという事を知って、それだけのために見み行ってきました。。入場料は大人400円でしたが、12月からは半額の200円で見られます。


帆船日本丸 - Official
日本丸 - Wikipedia






天井のステンドグラス

勿論、ステンドグラス以外にもいろいろ見ましたが、それらは後回しにして、いきなり本題に。船内に士官サロンという部屋があり、その天井にステンドが嵌っています。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/2.0, ISO400, Photo by eto

士官サロンとは、偉い方々が使う食堂兼会議室とのこと。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO200, Photo by eto

はい、ドン。 いきなり天井の中央にステンドが嵌っています。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO200, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO160, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO400, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO160, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO160, Photo by eto

細かく描き込まれています。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO200, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO250, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO400, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO800, Photo by eto

アンティークガラスが使われていますね。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO4000, Photo by eto

壁に掛かっていた日本丸の絵。構図が微妙・・・。




日本丸の船内

Image

SONY DSC-RX1R , 1/500, f/4.0, ISO100, Photo by eto

甲板にて。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO100, Photo by eto

甲板から海を見ると・・・魚が颯爽と泳いでいますw カワハギに見えますが、こんな浅いところにも来るんですね。しかも背ビレを出しなら・・・。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/2.0, ISO250, Photo by eto

この食堂が結構素敵でした。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO3200, Photo by eto

こちらは食堂のキッチン。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/2.0, ISO320, Photo by eto

氷川丸と同じく、天井が低い・・・。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/2.0, ISO800, Photo by eto

グルーチップ。古い感じの木調に、最高に合っています。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO1250, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO800, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO3200, Photo by eto

これがエンジンですね。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO2500, Photo by eto

今日は運良く船長さんにお会いできました。。。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO125, Photo by eto

船から降りて、海を見るとまた魚がw 今度はサヨリ?ダツ?東京とは全然違って横浜は水が綺麗なので、美味しそうです。。





感想・評価

多分、今回の写真が、世の中で一番綺麗にこのステンドを撮影したものだと思います。微妙に立ち入り禁止になっている所の真上にあるので、体を乗り出して、真下から垂直にカメラを向けるという、無理のある姿勢で撮影しなきゃダメなので。


ステンドは、中々芸の細かい、凝った作りです。絵的なステンドグラスとしては、かなり頑張っている部類じゃないでしょうか。帆の真ん中両端の箇所で、汚れと言うか、多分パテが取れてきてるものだと思いますが、それが絵的に良い感じになっています。帆の軋んだ時の感じに見えるんです。


本来絵付けのステンドグラスは、ガラスに塗料を焼き付け、それを組み上げて作ります。しかしこのステンドは、別の方法で絵付けがされていると思われます。複数のガラスピースに跨ったラインが揃い過ぎているからです。沢山描かれている紐の箇所です。組み上がった上から、ただ塗料で描いているだけ、な気がします。


このような手法は、現在ではほぼ有り得ないですが、ある程度古いステンドグラスには、このペンキで描いちゃう手法が見られたりします。開港記念会館のステンドグラスも、修正前はただの塗料で描かれていたようです。

Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO200, Photo by eto


日本丸は昭和5(1930)年に作られたのですが、このステンドがその時からここに付いていた、というのはないでしょうね。昭和5年と行ったら、小川三知が亡くなった直後くらいですから、かなり昔です。その頃からこのテイストのステンドがあったことは考え辛いですし、アンティークガラスが使われることも当時はなかったと思います。


この船は、昭和59(1984)年までは現役だったそうなので、おそらくその頃に設置されたのでしょう。このステンドは中途半端に古いので、そのころ設置されたとしたら、しっくりきます。まあ、古いのを何処からか持ってきて付けたかもしれないですし、勝手な想像ですが・・・。


あと、写真には写せていませんが、結構たわんでいました。まあ、やっぱり平での設置は無理がありますね、厳しいです。




横浜シリーズはこれで一旦終わりですかね。他の場所でも別のステンドを撮ったりしたのですが、アップするほど良い写りのがないんですよね。。。遠征先での撮影ミスは怖いっすね。カメラに限らず何事も、慣れた頃が怖いな、と思う今日この頃です。



Pocket

関連する記事 - Related Post

dsg09891_400

【ステンドグラス探訪71】横浜市開港記念会館【後編】

中央階段のステンドグラス いわゆる幕末の始まりである、ペリー提督による浦賀沖への黒船来航は1953年です。 その時は四隻の艦隊を率いてやって来ましたが、ペリーは翌1954年にも、今度は横浜沖に、...…
続きを読む
dsg09961_400

【ステンドグラス探訪70】横浜市開港記念会館【前編】

横浜市開港記念会館 全国的にも有名な歴史的建造物で、シンボルである高さ約36メートルの時計塔は「ジャックの塔」の愛称で親しまれ、神奈川県庁本庁舎(キングの塔)、横浜税関本関庁舎(クイーンの...…
続きを読む
dsg08480_400

【ステンドグラス探訪69】横浜外国人墓地、テニス発祥記念館

横浜・山手 横浜には、山手と呼ばれる地区があります。ここは幕末から明治まで外国人居留地であったこともあり、洋風の建物が多い地区で、観光地でもあります。 みなとみらい線の元町・中華街駅...…
続きを読む
dsg08619_400

【ステンドグラス探訪68】氷川丸

氷川丸 横浜にステンドグラスを求めて遠征。遠征と言っても、電車で1時間ちょっとの距離ですが・・・。普段は自転車で行ける程度の場所しか探訪しないので、新鮮な気持ちです。 氷川丸は戦前に...…
続きを読む

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。