Image

【ステンドグラス探訪73】黒沢ビルの小川三知【前編】

小川三知の弟さんが昭和初期に立てたという黒沢ビル。


ここには沢山の、小川三知作と言われるステンドグラスが入っています。

Pocket

Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO200, Photo by eto

黒沢ビル

東京上野の、不忍池のほとりにひっそりと佇むこの黒沢ビル。実はこのビルは、あの小川三知の弟である小川剣三郎という人物が建てたもので、小川三知作のステンドグラスが多数入っている、知る人ぞ知る建物なのです。


1Fが眼科、2Fが歯科であるため、平日に行けばビルの入り口にあるステンドなどは普通に見られます。


今回は、それ以外の普段公開されていないものも含め、前編・後編に分けて全てをご紹介します。


黒沢ビル - Official
黒沢ビル - Wikipedia





鶏鳴告暁

Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO2000, Photo by eto

ビルの入り口を入ってすぐのところに欄間が手前・奥と2つあり、手前のパネルは「鶏鳴告暁」と名付けられています。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO4000, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO3200, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO2500, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO5000, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO3200, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO2500, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO5000, Photo by eto

フラットとラウンドの両方のケイムが使われています。





Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO4000, Photo by eto

裏側から。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO6400, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO3200, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO3200, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO2500, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO3200, Photo by eto





薔薇

Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO3200, Photo by eto

奥のパネルは薔薇をモチーフとしています。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO4000, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO4000, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO5000, Photo by eto

こちらも、フラットとラウンドの両方のケイムが使われています。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO3200, Photo by eto

そして、フラットのケイムは全面ハンダが施されているようですね。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO3200, Photo by eto





Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO5000, Photo by eto

裏側から。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO6400, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO6400, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO4000, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO5000, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO6400, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO4000, Photo by eto





隠し部屋のステンドグラス

普段は公開されていない部屋があり、そこに続く階段のところに、2枚のステンドが人知れずハマっています。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/30, f/5.6, ISO6400, Photo by eto

1枚目はこちら。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/30, f/5.6, ISO6400, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/50, f/5.6, ISO6400, Photo by eto

そして2枚目。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/60, f/5.6, ISO6400, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO6400, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/60, f/5.6, ISO6400, Photo by eto


どちらのステンドも、シンプルなデザインながら全面ハンダが施されています。




他にも何点か。


Image Image Image Image Image Image Image Image





小川三知が遺したステンドグラス

貴重な小川三知のステンドグラスが、合わせガラスもなくそのまま飾られていることに驚きました。汚れが邪魔をして本来のガラスの輝きは放てていませんが、やはり見るべきものはあります。


三知は、アメリカに留学してステンドを覚えたということもあり、カッパーを使ったステンドも作りますすが、今回ご紹介したものは全てケイムです。


その中で、今回一番驚いたのが、フラットとラウンド、両方のケイムを使っていて、そしてそれを全面ハンダしているところです。


今まであまり気にしていなかったですが、三知も全面ハンダをするんですね。どこで覚えたのでしょうか。そして、ラウンドのケイムに全面ハンダをしているステンドは、はじめて見ました。


小川三知のステンドグラスと言えば、青森の旧宮越邸、都内の鳩山会館、安藤記念教会などが有名ですが、そんなに世間に知られていないステンドグラスも結構存在します。


この黒沢ビルのステンドも、そんなあまり知られていない小川三知のうちの一つかもしれません。


次回も引き続き三知のステンドをご紹介しますが、また違った作り方をしているものが出てきます。三知が、他のステンドグラス職人たちとは違って、ある特定の技法、既存のやり方に囚われず、その都度適した方法で制作をしているところに、新鮮さを感じます。




次回は、【後編】として1階応接室のステンドグラスをご紹介します。




Pocket

関連する記事 - Related Post

DSG02924_400

【ステンドグラス探訪56】鳩山会館 前編

鳩山会館 旧鳩山邸は、大正13年に、第52・53・54代内閣総理大臣、鳩山一郎の私邸として建てられました。その後、70年を経て老朽化が進んだ建物は、鳩山会館としてリニューアルされ、現在に至って...…
続きを読む
DSG02739_400

【ステンドグラス探訪57】鳩山会館 中編

鳩山会館の制作に携わった3人の横顔 ※会館のリーフレットより 設計者 岡田信一郎  明治16年(1883年)~昭和7年(1932年) 大正・昭和初期に活躍した建築家。東京生れ。鳩山一郎...…
続きを読む
DSG02828_400

【ステンドグラス探訪58】鳩山会館 後編

鳩山会館 玄関上のステンドグラス 玄関です。階段を上がって振り向くと・・ そこにステンドがあります。 ...…
続きを読む

Comment

メールアドレスが公開されることはありません。