Image

【ステンドグラス探訪77】小笠原伯爵邸

前からずっと見たかったステンド。


小川三知の代表作。


Pocket

Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO250, Photo by eto

小笠原伯爵邸

東京都新宿区にある小笠原伯爵邸は、昭和初期に建てられた、一風変わった洋館だ。小笠原長幹伯爵の屋敷として建てられたが、戦中・戦後を過ぎ、紆余曲折を経て、現在はレストランとなっており、月に一度程度、無料公開されている。


この公開が、定員ありの先着制であり、早々に満員になるため、今まで時期を逃していた。しかし、ようやく今回、訪問することが出来た。


30~40人程度は来ていただろうか。なぜかとても人気がある。しかも若い人が結構多い。写真撮影が目的な人も結構いた。


後で調べて分かったことだが、L'Arc〜en〜Cielの叙事詩という曲のPVでここが使われているのだそうだ。それが目的、という人が多かったのかもしれない。


集合時間も特になく、入口での名前チェックの後は自由見学の方式であるため、殆どの場所を自由に見て回れるのが良かった。お店の従業員の方も、とても感じが良い。


小笠原伯爵邸 - Official
小笠原伯爵邸 - Wikipedia






エントランスのステンドグラス

Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO400, Photo by eto

入り口からしてもう凄い。装飾的。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/2.0, ISO640, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/125, f/2.0, ISO100, -0.3EV, Photo by eto

このステンドは、元々あったものとは別物だそう。三知がデザインしたのだが、それが壊れたかどうかして、その後イタリアで作り直されたのだそうだ。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/8.0, ISO1250, -0.3EV, Photo by eto

遠近法を用いて天空に舞い上がる鳩を下方から描いた、珍しいデザイン。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/2.0, ISO160, -0.3EV, Photo by eto






ロサンジュ

Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/2.0, ISO160, -0.3EV, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO800, -0.3EV, Photo by eto

館内の窓の多くは、ロサンジュ(菱形のステンド)で統一されている。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO800, -0.3EV, Photo by eto

ロサンジュ(Losange)とは、フランス語で菱形という意味。典型的なステンドのシンプルな模様。西洋に多いイメージがある。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO1000, -0.3EV, Photo by eto

補強がしっかり入っている。




Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO3200, -0.3EV, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO1250, -0.3EV, Photo by eto

これをステンドグラスだと思っている人は、殆どいないと思う。だが、正真正銘のステンドグラスだ。






ラウンジのステンドグラス

Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/2.0, ISO400, -0.3EV, Photo by eto

この部屋の、外に面した窓の一つを見るのが、今回の目的。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO2500, -0.3EV, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO2500, -0.3EV, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO1600, -0.3EV, Photo by eto

この部屋の他の窓にも三知のステンドが嵌っていたそうだが、いまは別のモノ、ただの味気ないロサンジュになっている。三知のものと、ケイムの太さを揃えた方が良かったと思う。これは細すぎる。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO4000, -0.3EV, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO2500, -0.3EV, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO2500, -0.3EV, Photo by eto

他の窓のステンドがなくなり、この一枚だけが残っているのは、ちょっとした「奇跡」と言っても良いのかもしれない。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO2500, -0.3EV, Photo by eto

オパレッセントグラスが使われているので、部屋の外が中より暗いと、透過光が入らなくて重い感じになるのが残念。当日は曇り時々雨という空模様だった。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO2000, -0.3EV, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO2500, -0.3EV, Photo by eto

そんな悪条件でも、角度によっては綺麗に見える。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO1600, -0.3EV, Photo by eto

ステンドグラスは、良い感じに光が当たったその時に、最も輝きを放つ。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/3.2, ISO1000, -0.3EV, Photo by eto

三知が制作した鳩山会館のステンドでもロサンジュと組み合わせたものがあった。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/3.2, ISO1250, -0.3EV, Photo by eto

三知がロサンジュを選んだのか、ロサンジュありきで三知がそれに合わせたのか・・・。、


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO4000, -0.3EV, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO6400, -0.3EV, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO6400, -0.3EV, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO5000, -0.3EV, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/2.0, ISO400, -0.3EV, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO2500, -0.3EV, Photo by eto

三知の全面ハンダ。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.5, ISO320, -0.3EV, Photo by eto

後から組んだロサンジュのライン。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.5, ISO1000, -0.3EV, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO2500, -0.3EV, Photo by eto

三知が組んだロサンジュのライン。




Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/2.0, ISO500, -0.3EV, Photo by eto

外から。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.0, ISO2500, -0.3EV, Photo by eto


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/2.0, ISO800, -0.3EV, Photo by eto

ステンドは、結構たわんでいた。合わせガラスが入っていないから、年月が経ったら、そのうち壊れてしまうかもしれない。






感想・評価

小川三知の数あるステンドの中で一番気になっていたステンドが、この小笠原伯爵邸にある花のステンド。訪問したのが、透過光が少ない時間帯だったため本来の輝きを味わうことはできなかったが、思った通りの良いステンドだった。

Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/2.0, ISO800, -0.3EV, Photo by eto


先ず、ロサンジュの一部、しかも中央の下に三角に寄せて抽象化された花々をデザインする、という発想が素晴らしい。ロサンジュを残して、そこに花を組み合わせるというセンスに脱帽だ。


見る人に、おっ!と思わせる絶妙なキャッチーさがありながら、落ち着いていて洒落ている。全体感もある。既存のステンドデザインをなぞらず、きちんと考えている。


ガラスも、コテコテのオパレッセントではなく、適度に透けるものを使い、パステルトーンで統一された色使いも、流石三知だな、分かってるな、といったところ。こういうところを、三知は決して外さないイメージがある。


技術的には、ロサンジュもラインがあまり正確ではなく、全面ハンダも、盛りが多かったり少なかったりと雑な感じではあるが、それはあまり作品の価値に影響していない。


Image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO1250, -0.3EV, Photo by eto




ステンドも良かったが、建物自体や他の調度品も素晴らしかった。また別記事でご紹介したいと思う。




Pocket

関連する記事 - Related Post

ステンドグラス屋のウェブサイト戦略

ステンドグラス関連会社のHP運営事情 Googleの検索窓に適当な語句を入れ、ステンドグラスに関係する会社・工房を、制作会社を中心に色々と見てみた。 ステンドグラス関係の会社と言っても、大手の「...…
続きを読む

【ステンドグラス探訪75】晩香廬

晩香廬 晩香廬(ばんこうろ)は、渋沢栄一という、日本資本主義の父と言われる人物が所有した建築物の一つ。大正の初期に建てられ、100年の歴史を持つ。国指定の重要文化財。 ここのステンドグラスは...…
続きを読む

【ステンドグラス探訪76】青淵文庫

青淵文庫 晩香廬と同じ敷地内、すぐ隣あるのがこの青淵文庫(せいえんぶんこ)だ。青淵とは渋沢栄一の雅号からきており、文庫は書庫を意味する。晩香廬もそうだが、ネーミングセンスが秀逸だ。 ちなみに、晩...…
続きを読む

ステンドグラス職人になる方法

はじめに 「夢を持ってはだめ」 私が初めてステンドグラスを作ったのは、東京の都心にある、とある個人の方の工房でした。その頃、色々あって急にステンドに強い興味を持ち、当時荻窪に住んでいた私はネットで近くのステンド...…
続きを読む

 Comment

メールアドレスが公開されることはありません。