Image

【ステンドグラス制作】M様邸欄間②- ガラスカットなど

前回の続き。


型紙作成、ガラスカット、シミュレーションまでを。

Pocket

image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/3.5, ISO1000, Photo by eto

型紙作成 - pattern making

Illustrator上でデザインを実寸に直し、ラインに対してケイム幅とハート幅を設定。それをケント紙に直接印刷し、ハサミでカットすることにより型紙を作成する。

image

 

グレーのラインがケイム全体を、黒い太いラインがケイムのハート(芯)を表している。ハートは、実際には1.2mm程だが、図面上は2mmに設定。型紙も2mm抜いて作成する。外枠の直線は書き方が違うが、あまり深い意味はない。


これは、同じデータで組みの時に使う敷紙も兼ねているので、補助線を縦横斜めに引いている。


image

こちらが全体像。DL(CS6)


image

SONY DSC-RX1R , 1/100, f/5.6, ISO100, Photo by eto

ガラスのピース数は多いが、同じ形のピースが多くシンメトリに近いため、型紙自体の数は少なくて済む。





試作 - Trial production

全部のガラスを切る前に、少しだけ切り、円形が並ぶ箇所が、ある程度まともに組めるのかどうか試してみる。組めなければ、デザインを考え直さなければいけないからだ。


image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO1250, Photo by eto

結果はこの通り。十分組めそうだ。一本のケイムでぐるりと囲める場所は良いが、継ぎ目がたくさんできるところは、綺麗な正円になるよう気にしなければいけない。


5つのピースのうち、真ん中のは、4本のケイムを組み合わせて出来ている。


image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO2000, Photo by eto

今回からは、騒音問題の関係で基本的に釘は打てないので、このようにピンを使って組む。





ガラスカット - glass cut

全部で221ピースだが、モチーフのキツネは8ピースだけ。それ以外はすべて円と隙間の形である。

image

SONY DSC-RX1R , 1/250, f/4.0, ISO100, Photo by eto

正円のピースは100枚弱。いろいろな切り方を試したが、円が内接するような四角に切っておいて、そこから円を切り出すやり方が一番効率的な気がしている。今のところ。


このやり方で切るとバリが凄く出るが、それを考えてやや小さめにカットし、ルーターで削れば、そこまで手間にはならない。


もっと大きくガラスをとって、そこから円を切り出した方がバリが出ないが、綺麗な円には中々ならず、結局ルーターである程度削らなければいけない。


image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.0, ISO400, Photo by eto

この隙間のピースは、やや余裕をもって四角を用意し、こんな感じでカット。軽いえぐりが4か所ほど集まったピースだが、ワニ口で割るときの力の入れ方を工夫すれば、そんなに難しくはない。


image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.5, ISO160, Photo by eto

そして・・・、主役のキツネで使うクラッケルなのだが・・・。


何度やっても、切っている最中に割れてしまう。


板が反っているようで、ガラスカッターをやや強めに当てるだけで割れてしまう。結局、綺麗な部分で取りきれず。ずべて割ってしまった。最悪・・・。また別途、どのガラスを使うか考えることにする。


ちなみに、キツネの部分の一番大きいピースは、普通にカラスカッターで全て切ることはできないので、甘めにスコアを入れてカットした後に、ルーターで削っていく(はずだった・・・)。





ガラスシミュレーション - Glass Simulation

image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/4.0, ISO500, Photo by eto

敷紙をA3で3枚に分けて印刷し、つなぎ合わせる。


image

SONY DSC-RX1R , 1/80, f/5.6, ISO1250, Photo by eto

そしてガラスを置いていく。


割れてしまったクラッケルの色味が、他と比べてダークな感じ。光にかざすとまた違って見えるので難しいところなのだが、そもそもあまり合わなかったのかもしれない。


円のガラスは、石目のガラス2種は外した。うるさくなりそうだったので。スティップルとハンマードがメイン。





ガラスは、周りの他のガラスとの関係性の中で見え方が変わってくる。今回メインで考えていたクラッケルが、他のガラスと比べてダークで、この中ではちょっと馴染まないことが分かった。


ガラスをカットする前に、クラッケルと他のガラスの色味が違うことに気付くこともできたはずなので、今度からは注意したいところだ。


メインで使おうとして、カットに失敗して、でも結局使えなさそう・・・、という散々な結果となったクラッケル君って・・・。


次回、組みとハンダくらいまでいければと。



Pocket

関連する記事 - Related Post

【ステンドグラス制作】M様邸欄間① - 構想・デザイン

構想・コンセプト - Concept 知人の家の欄間にステンドグラスを入れることにした。頼まれた訳ではないのだが、勝手に入れようと思う。 ランプや小物など、それだけで完結している種類のステンドグラ...…
続きを読む

【ステンドグラス制作】赤いケイムランプ2【その4・完成】

全面ハンダ - The entire surface of the solder 表の全面ハンダをする前の、ケイム磨きをしたところ。ペーストで汚れていれば洗浄する必要...…
続きを読む

【ステンドグラス制作】赤いケイムランプ【その6・完成】

全面ハンダ - The entire surface of the solder 先に表を全面ハンダしますが、その前に裏側の様子を確認し、裏側のケイムとガラスを少々整えておきます...…
続きを読む

ケイムで組むランプシェード2【その4】【完成】

全面ハンダ - The entire surface of the solder 組みと表の接点のみのハンダが終わった段階です。 カタチとしてはもう出来ているのですが、ここから歪みの...…
続きを読む

 Comment

メールアドレスが公開されることはありません。